「歩きスマホ依存症」もういい加減やめませんか

自分が「交通事故」の加害者になる可能性も

歩きスマホや、ながらスマホによる事故が増えています(写真:つむぎ/PIXTA)

iPhoneやAndroidスマホで遊べる位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク(以下、ドラクエウォーク)」が人気だ。ドラクエウォークは、位置情報ゲームながら人気ゲームシリーズ「ドラゴンクエスト」の世界観を活かしたRPG仕立て。

「ドラゴンクエストウォーク」(筆者撮影)

ドラクエシリーズのBGMや効果音がそのまま採用されていることもあり、ドラクエ世代に刺さる内容となっている。

9月12日のサービス開始から約1カ月でダウンロード数が800万を突破する人気ぶりであり、11月15日には1000万ダウンロード突破を発表。有吉弘行さんや伊集院光さん、中村倫也さんなど、芸能人の愛好者も多い。

有吉さんは、夢中になるあまりゲーム内の「ご当地土産」を手に入れるため、わざわざ高尾山に登ったそうだ。

ご当地土産は47都道府県に4つずつ用意されており、決められた場所に行ってクエストをクリアすれば、手に入れられる。

歩きスマホの原因は「ゲーム」?

「ドラクエウォーク」や「ポケモンGO」など位置情報ゲームの人気は年々高まっているが、歩きスマホにつながりやすく、さまざまな問題を引き起こしている。

ある40代の男性からは次のような話を聞いた。

「最近、4歳の子どもが自転車にぶつけられそうになった。子どもがびっくりして泣いているのに、自転車が行ってしまって腹がたったよ。スマホを見ながらポケモンをしていたから、余計に頭に血が上った。ぶつかっていたら絶対に訴えたのに」

「ドラゴンクエストウォーク」安全にプレイをして頂くためのお願い(YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=OvSngfStg6I

「ポケモンGO」が社会問題となったのは、自動車や自転車などを運転しながらプレイするユーザーによって、事故が多発したためだ。2016年には、小学4年生の男児が同ゲームをプレイしていた男のトラックにはねられて亡くなるなど、死亡事故も起きている。

一方の「ドラクエウォーク」は、後発の強みで歩きスマホ対策に力を入れている。ゲーム内で「ウォークモード」をオンにして歩くと自動で近くのモンスターとバトルできるなど、歩きスマホをしなくても、ある程度ゲームがプレイ可能だ。なお、同ゲームには安全に遊ぶための啓発動画も用意されている。

次ページなぜ「歩きスマホ」が減らないのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。