ピジョンも関わる「母乳バンク」の知られざる姿

ニーズ高く国際的に進んでいるが日本は牛歩

「母乳か人工乳か、どちらかしかないのでは、お母さんは追いつめられてつらくなります。その中間のものとしてドナーミルクがあれば、お母さんたちは焦らずに母乳が湧いてくるのを待てます」

これもドナーミルクのいいところだ。母乳がなかなか出ないということは月満ちて健康な子を産んだ母親でもつらいのに、とても小さな赤ちゃんを産んだ母親がどれだけつらい気持ちになるかは、察するに余りある。

ドナーミルクが着いたら安心して、急に自分の母乳が湧いた母親もいたそうだ。

さらに、ドナーミルクには医療費削減効果もある、と水野さんは言う。

「新生児医療は非常に高額なので、医療費にも関係してきます。赤ちゃんが早くから母乳を飲めれば栄養状態がよくなり、退院が早まったり、未熟児網膜症や、退院後も自宅で在宅酸素療法が必要になる慢性肺疾患が減ったりすることもわかっています」

海外には母乳バンクの医療費削減効果を伝える論文は多く、例えば、アメリカでは、赤ちゃんが壊死性大腸炎になれば治療費の総額は1人当たり約2000万円になるという試算があるという。

しかし日本は残念なことに予防医療の風土はまだなく、子どもに使われる公費はいつも少ない。

ドナーミルクがあれば助かる命がある

水野教授は、民間企業と手を携えてやっていく道を選んだ。そして、そのことについて、水野教授はポジティブだ。

「母乳はいい、と言うだけでは、お母さんたちを追いつめます」。水野教授は、NICUで母乳を勧めるにはドナーミルクという中間の選択肢が必須だという(写真:昭和大学旗の台病院NICUで筆者撮影)

「今度、ピジョンの支援により日本で2カ所目の母乳バンクができます。もし、さらに多くの企業がパートナーになってくださり3カ所、4カ所と母乳バンクを作っていけたら、こんな例は世界にありませんよ。オリンピックのゴールドパートナーのように、小さく生まれた子どもたちが育っていくプロセスを応援してくださる民間企業の輪ができたら、それはすばらしいことだと思います」

道は、遠い。でも、ドナーミルクがあれば助かる命がある。

「極低出生体重児は、元気に育ってくれれば、20年後にはちゃんと労働者になります。今は本当に小さいですが、彼らは、子どもがどんどん減っている日本に生まれてきてくれた私たちの大切な仲間なんです」

水野さんは、これからも母乳バンクの必要性を粘り強く訴え続けていく覚悟だ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。