「自己成長ばかり言う人」が結局、伸びない4理由

「キャリアプラン」の呪縛…あなたは大丈夫?

最後は、「自分の成長ばかりを考えて、他者や周囲への貢献がない」ことである。

【4】自分の成長ばかり考えて、「他者や周囲への貢献がない」

インプットばかりで、アウトプットしない人というのは、自分を守ることに精一杯で、周りに貢献しない人ともいえる。人は「自分のため」ではなく、「人のため」「チームのため」に動くとき、飛躍的に成長できるというのに。

たとえ、その人が「成長」したとしても、アウトプットがない、ということは、他者や周囲には、その成果が共有されない、ということでもある。

仕事というのは、基本チームワークだ。互いの協力と相乗効果で、人数分の足し算以上の成果を上げる。しかし、アウトプットがなければ、それも達成されない。

さらにいえば、わたしたちは、「自分のため」というより、「人のため」に何かをするときにこそ、力が出せるものなのだ。社会の役に立っている、という実感が仕事のモチベーションになるし、誰かのためになっているのなら、つらいときも頑張れる。自己成長という自分のための目標では、至れるところはたかがしれている

「成長」は周りから言われるもの

「昨日できなかったこと」が1つまたできるようになる、「昨日わからなかったこと」がわかるようになる、「昨日知らなかった世界」を1つ知る……成長している実感は、勉強や仕事のエンジンであり、楽しみだ。だから、仕事こそ自己実現の場になる。そして、そうした社員の成長に応じて、会社もまた、成長していく。

しかし、では、働くのは「自己成長」のためだろうか。

少なくとも、日々仕事をしているとき、「自己成長」を意識しているわけではない。ただ、仕事上の目標や課題を短期的・長期的に解決していくことに夢中になっているうちに、あるとき、周りの人から「成長したね」と言われる、そういうものじゃないだろうか。

「自己成長ばかり考える」のではなく、いまある目の前のことに集中し、仕事を楽しむことができる人が、結果として、周りから「成長したね」と言われる人になる、それが私が数十年、働く人を見てきた「伸びる人」の共通点である。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT