「自己成長ばかり言う人」が結局、伸びない4理由

「キャリアプラン」の呪縛…あなたは大丈夫?

2つ目は、「キャリアプラン」にこだわりすぎて、「成長の可能性」もつぶしがちということだ。

「キャリアプラン」はつくりっぱなしにしない

【2】「キャリアプラン」にこだわりすぎて「可能性」もつぶしている

「キャリアプラン」という言葉は、ある程度の年齢に達した人からはよく聞く言葉だが、最近は若い世代からも聞くことが多い。

年齢に関係なくキャリアプランを立てること自体は悪いことじゃない。

しかし、その「キャリアプラン」が、あなたの成長する可能性を、あなたが「今」思っている範囲にとどめてしまっていないだろうか

例えば、「今」思い描くキャリアプランは、往々にして、就活時にキャリアカウンセラーとかの指導で無理矢理立てたものや、エントリーシートに書くためだけに、急場しのぎでつくったものであることも多い。

しかし、いったん言葉になると、それが事実となって、わたしたちを定義する。すなわち、固定する。そして、その言葉の示す方向へと誘導する。

つまり、キャリアプランにこだわることで、その先、無限に拡がる成長の可能性をつぶしてしまっているかもしれないのだ。

実際、「キャリアプランにこだわりすぎて、それから外れてしまう仕事を進んでやりたがらない若い人たち」に私も数多く出会ってきた。

私自身、20代のころまでは「社長」をやることなんて、自分のキャリアプランにはなかった。それが縁あって、社長という役目を仰せつかったのだが、それが自分に向いているなんて、当時は思えなかった。

でも、「やってみて初めて引き出された可能性」が、いくつもあった。「やってみなければ知らないままだった視点」を持つことができた。

キャリアプランにまったくないことが起こったときも、臨時でつくり直すくらいの考えでないと可能性は広がらない。一度つくったものをつくったきりにしているキャリアプランは、自分の成長を狭めるだけである。

次ページ本当に「自己成長」していますか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT