「自己成長ばかり言う人」が結局、伸びない4理由

「キャリアプラン」の呪縛…あなたは大丈夫?

「自己成長ばかり考える人」が伸びない3つ目の理由は、インプットばかりで、アウトプットがないからだ。

【3】「自己成長」と言って「インプット」ばかりしている

仕事の目標は、仕事上の成果を出すことだろう。自己成長も、そのためのインプットも、ある意味、そのための手段だ。

ところが、勉強好きの人に多いのだが、本来の目標や目的を忘れて、手段が目的化してしまう。「勉強のための勉強」になってしまいがちなのだ。

つまり、「自己成長そのもの」が目的になってしまって、「それを使って何かを達成すること」が二の次になってしまう。

「もっとインプットして、もっと成長して、ふさわしい時期が来たら出す」などと、大事に成長の成果(?)をため込んでいる人もいる。

「もっと準備ができてから」「もっと勉強してから」などとインプットすることが自己成長になると思い込んで、アウトプットすることをためらってしまうのだ。

ためらうというより、相手に認められないことを恐れているのかもしれない。だから、「もうちょっとちゃんと成長してできるようになったら、もうちょっと……」と、永遠に準備し続け、「完璧な形」になるまで出そうとはしない

しかし、ふさわしい時期と思っていざそのアイデアを出しても、それが必ずしも通るとは限らない。

通らなかったら、すごく落ち込むかもしれないが、何よりずっとため込んでいた時間が大きく無駄になってしまう。さっさとアウトプットしてしまえば、たとえ通らなくても次のアイデアに進むことができ、新しい知恵、技術、情報が入ってくるチャンスは増えるのだ。

つまり、インプットのために、実はアウトプットが重要。呼吸と同じだ。吐き切れば、吸わなくても自然に息は入ってくる。アウトプットなしのインプットにも限界がある。

次ページ人の「成長」を支援してますか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT