若手の49%が「転職を考えている」という現実

若手社員の定着のカギはどこにあるのか?

これらの回答から見えてくるのは、慎重に他社との状況を見極めながら少しでもよいポジショニングを取れる状況に身を置きつつ、副業・兼業などで将来に備えておきたいという、しっかりと予防線を張った堅実な姿勢といえるでしょう。

では、こうした若手社員を定着させるためのカギは、いったいどこにあるのでしょうか。

能力・スキルはどう変わった?

入社当時と比べて、仕事を行ううえでの「能力・スキルがどう変わったか」を尋ねたところ、「上がった」「少し上がった」の合計が65.0%いるのに対し、「下がった」「少し下がった」の合計は11.3%となりました。

また、上がった(少し上がったも含む、以下同様)人の「仕事への満足度」との関係を見たところ、「上がった」人は「満足」の合計が73.8%であるのに対し、「下がった」人は「不満」の合計が44.4%となりました。同様に、転職への考え方を見てみると、スキルが「上がった」人は、転職するつもりはない割合が高く、「下がった」人は転職を検討している割合が高いこともわかりました。

自分の能力が高まっていると感じられれば、仕事の満足度も高まるというのは、ある意味自然なことといえます。

ところで、現在の職場内に、「目指したい上司、目標としたい人がいるか」を尋ねたところ、「いる」が63.5%、「いない」が36.5%となりました。自分の職場だとしたら、割合は変わるでしょうか。

そして、「目標にしたい人の有無」と「能力・スキルの変化」の関係を見ると、目標にしたい人が「いる」人が、能力・スキルが「上がった」割合が圧倒的に高いということが明らかになりました。優秀な上司、先輩がメンター的な存在として、OJTなどで仕事を教えていることも推測できますし、バリバリ活躍する姿に刺激を受けたり、仕事のやり方をまねたりすることで、自然と能力・スキルを高めていることが考えられます。

逆に言えば、目標にしたいような人もいない職場は、見切りをつけて転職したい、ということの裏返しといえるでしょう。

次ページまとめると…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。