あの「風立ちぬ」が戦争讃美詩より問題な理由

美の追究は時として人を殺す

──その2が「統合反転作用」。

感性には2つの実体を統合して捉える、多様の統一という働きがある。苦甘いってありますね。甘いものに苦いものを加えると、甘味が引き立ってよりおいしくなる。これと同じです。反転なので、マイナスが大きいほどプラスの効果も大きくなる。最悪の結果をもたらしたのが「散華」。戦死、とりわけ特攻で死ぬことが、一斉に散る、散りぎわのよいソメイヨシノと「散華」という言葉で結ばれて、国のために戦死することは美しいという結論になる。

音楽は人の心を「支配」できる

──歌の影響力も大きいですね。

音楽は人を殺さない、などといいますが、とんでもない。ラジオ体操の音楽は運動を誘発するように作られています。見方を変えれば、音楽が人の体を支配している。けれど、ラジオ体操をしているときに、支配されているなんて思いませんよね。支配されていることに気づかせないのは最強の支配です。「同期の桜」という軍歌がありますが、特攻隊員がこれを歌うと、心の内側から自分の気持ちを表現していると感じられる。死が美しいと歌詞に表象されると、死は美しいと心から思ってしまう。音楽の危険な面です。

『危険な「美学」』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

──本書を書いたのは、現状を危惧しているからですか。

「散華」は今でも聞いたり、目にしたりします。これは社会全体に働きかけるので影響が大きい。今後、日本が戦争をするようなことになれば、「散華」が復活して、若者を死へ追いやる事態になりかねないと心配しています。

──どう防げばいいのでしょう。

美を追求する人は、時折立ち止まることです。知性や理性を追求しすぎる弊害はすでに言われていますが、感性の追求はいいこととされている。しかし、感性には自己反省能力がないので、放っておくと暴走します。知性、理性によるチェックが必要です。

また、人間は社会に適応するために、自分で感じ、考えることを怠りがち。感じ方、考え方は社会で刷り込まれたものですしね。知識を蓄え、思考力を鍛えて、自らの感じ方、考え方を獲得しなくてはいけません。

(聞き手:筒井幹雄)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。