あの「風立ちぬ」が戦争讃美詩より問題な理由

美の追究は時として人を殺す

光太郎の「必死の時」は「いさぎよさ」「未練をすてよ」という表現に戦死の美化がうかがえ、研ぎ澄まされた生き方が「美」と形容され、美しいからこそ追求すべきだとしている。美に眩惑され、その隣にある死は見えなくなっている。しかもこの詩は形式的にも内容の明確さからも美しかった。

──アニメ『風立ちぬ』の問題は?

主人公の技師、堀越二郎が希求する「美しい飛行機」は戦闘機、要は殺戮(さつりく)兵器です。これを二郎の「美しい妻」・菜穂子への愛と並置し、「美しい」という言葉でひとくくりにすると、「美を追求すること」=いいことになり、殺戮兵器の設計という負の部分が覆い隠されてしまう。実際、二郎の設計したゼロ戦は、彼の言う「美しさ」の追求のために防弾鋼板を省いたため、多くの操縦士が命を落としました。

「美の追究=美」の危険性

──光太郎より罪深い面がある。

津上英輔(つがみ えいすけ)1955年生まれ。東京大学文学部卒業、同大学院修了、博士(文学)。独フライブルク大学で音楽学専攻。同志社女子大学専任講師、成城大学助教授を経て現職。著書に『あじわいの構造』『メーイのアリストテレース『詩学』解釈とオペラの誕生』、『新 西洋音楽史』(共訳)。(撮影:山内信也)

光太郎は敗戦後、軍国主義への協力を反省し、今の岩手県花巻市郊外の過酷な環境で7年間独居しました。いわば自分を流罪に処した。ただ、戦後も彼は「美は絶対的な帰依の対象」と発言していて、美が内包する危うさに気づいていない。戦争に勝っていたら同じことを繰り返した可能性はあります。

一方で『風立ちぬ』は美の追求自体が美しいという構造です。光太郎の美の追求は敗戦によって反省する余地があったが、美の追求=美となると、失敗しても原因は追求度合いの不足となり、美の追求を繰り返すことになる。無限ループ、眩惑作用の極致です。

──また、眩惑作用は波及する。

花巻市では光太郎の住居が保存され、その隣に記念館があるのですが、パネルの説明を読んでも、自己流謫(るたく)という影の部分に触れていないので、なぜ著名な芸術家が7年間も命懸けの生活をしたのか、ほぼわからない。いかに地元の人々が光太郎を尊敬し、そのすばらしい面を強調したいとしても、これでは光太郎が気の毒です。

次ページ美のもう1つの危険とは
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドラッグストア再編第2幕<br>マツキヨ+ココカラに続くのは…

スギHDが先手を打ったココカラファイン争奪戦は、マツモトキヨシHDの勝利で決着。1月をメドに新たなトップ企業が誕生します。数年内に3社程度への集約が見込まれる次の再編の焦点は? 首位を追われるツルハHDのトップ直撃も。