「ファクト」「エビデンス」至上主義者の末路

「昨年の正解」が「来年の正解」とは限らない

彼らはこうして、限りある資源を有効活用できるような、より費用対効果の高い貧困撲滅の方法論を発見し、広めていきました。下記がその一例です。

・成人の食生活を変えようと金銭的な援助をしても、彼らの食習慣は簡単には変わらず、効果は薄い。一方、子どもや妊婦に直接的に食料援助することは劇的な効果が見込める

・水を殺菌する塩素と、塩と砂糖を安価に提供するだけで、下痢で死ぬ子どもは劇的に減る。病院に来てから点滴をするような対応は、費用対効果が低い

ここでのポイントは、普遍性(より専門的な用語でいえば外部妥当性)を高めるために、複数の地域にまたがってそうした実験を行った点です。例えば、アフリカで有効だった方法論がインドでは効かなかったら、その手法の効果は減じます。

もちろん、完全に同じ効果が生まれることはほぼないでしょうが、それでも極力その普遍性を高めようとした点がカギだったのです。学者としては当然とはいえ、誠実なアプローチと言えるでしょう。

ファクト・エビデンスの弱点

このように、適切に用いればより正しい意思決定や行動につながり、非常にパワーを発揮するファクト・エビデンスですが、弱点もあります。

また、それに過度にこだわりすぎる「ファクト・エビデンス至上主義」は時として好ましくない結果をもたらすこともあります。

今回はそれについてご紹介します(何事も「至上主義」はあまりよい結果をもたらさないものではありますが)。

ファクト・エビデンスの典型的な弱点としては以下の2つがあります。

① 基本的に過去のものであり、それが未来にも通用するかは定かではない

多くの場合、去年通用したことは今年も通用するものです。

例えば、昨年まで新卒採用でA大学、B大学、C大学出身者のパフォーマンスがよかったのに、今年急にその傾向が消えてしまうということはないでしょう。

次ページ昨年の正解が来年の正解とは限らない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT