「ファクト」「エビデンス」至上主義者の末路

「昨年の正解」が「来年の正解」とは限らない

彼らはこうして、限りある資源を有効活用できるような、より費用対効果の高い貧困撲滅の方法論を発見し、広めていきました。下記がその一例です。

・成人の食生活を変えようと金銭的な援助をしても、彼らの食習慣は簡単には変わらず、効果は薄い。一方、子どもや妊婦に直接的に食料援助することは劇的な効果が見込める

・水を殺菌する塩素と、塩と砂糖を安価に提供するだけで、下痢で死ぬ子どもは劇的に減る。病院に来てから点滴をするような対応は、費用対効果が低い

ここでのポイントは、普遍性(より専門的な用語でいえば外部妥当性)を高めるために、複数の地域にまたがってそうした実験を行った点です。例えば、アフリカで有効だった方法論がインドでは効かなかったら、その手法の効果は減じます。

もちろん、完全に同じ効果が生まれることはほぼないでしょうが、それでも極力その普遍性を高めようとした点がカギだったのです。学者としては当然とはいえ、誠実なアプローチと言えるでしょう。

ファクト・エビデンスの弱点

このように、適切に用いればより正しい意思決定や行動につながり、非常にパワーを発揮するファクト・エビデンスですが、弱点もあります。

また、それに過度にこだわりすぎる「ファクト・エビデンス至上主義」は時として好ましくない結果をもたらすこともあります。

今回はそれについてご紹介します(何事も「至上主義」はあまりよい結果をもたらさないものではありますが)。

ファクト・エビデンスの典型的な弱点としては以下の2つがあります。

① 基本的に過去のものであり、それが未来にも通用するかは定かではない

多くの場合、去年通用したことは今年も通用するものです。

例えば、昨年まで新卒採用でA大学、B大学、C大学出身者のパフォーマンスがよかったのに、今年急にその傾向が消えてしまうということはないでしょう。

次ページ昨年の正解が来年の正解とは限らない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT