我慢弱い子ほど「高収入・高学歴」に縁遠い理由

「マシュマロ実験」が明らかにした衝撃事実

では、どんなときにCシステムが鈍ってしまうのか。まず注意すべきなのが「睡眠不足」です。え、そんなこと?と思われた方も多いかもしれません。でも、実は睡眠不足が意外なほどCシステムに悪影響を及ぼすのです。実際に、そのような実験結果がいくつか出ています。

例えば、ある調査では、睡眠が不足しがちなグループと、十分に睡眠をとっているグループを比較したところ、驚くべき部分で違いが認められました。なんと睡眠不足の人たちのほうが、いわゆる「ワンナイトアフェア」と呼ばれるパートナー以外との交渉が多かった。要は浮気行動に出やすかったのです!

自制心低下によるダメージは大きい

さらにはもう1つ、睡眠時間と食べ物に関する実験があります。こちらは8日間にわたって人為的に睡眠不足にしたグループと、正常に眠らせたグループの、1日当たりのカロリー摂取量を比較したものです。

『あなたの脳のしつけ方』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

それによると、睡眠不足のグループのほうが1日当たり約500キロカロリーも多く摂取してしまったといいます。500キロカロリーといえば、軽めのラーメン1杯分、ご飯ならお茶碗で約2杯分にあたりますから、これはかなりのものですよね。

睡眠が不足することで、普段は働く「浮気はいけない」という自制心が鈍くなり、後先を考えずに浮気行動に出てしまう。同じように睡眠不足で「これ以上食べてはいけない」という自制心が鈍くなり、毎日ラーメン1杯分も多く食べてしまう。たかが睡眠不足とはいえ、これによって起こる“判断ミス”とそのマイナス効果は、イメージ以上に大きなものとなりうるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT