我慢弱い子ほど「高収入・高学歴」に縁遠い理由

「マシュマロ実験」が明らかにした衝撃事実

さらにさらに、その23年後、つまりは彼らが45歳になったときにもう一度、追跡調査が行われました。するとマシュマロを我慢できたグループのほうが明らかに社会経済的地位(SES)が高かった。いうなれば、より“成功”していたのです。

目先の欲望にとらわれることなく、長期的な利益を考えて判断できる人は、人生で成功しやすい。そのことを長期にわたる調査で証明した同実験は、「人間行動に関する検証で最も成功した実験の1つ」ともいわれています。

でも、マシュマロ実験の結果は裏を返せば、子ども時代の“自制が利く”という資質は、大人になってからもずっと継続するということ。つまり、子どものころにその資質がなかった人は、大人になってからではもうどうしようもないのでしょうか?

いえ、決してそんなことはありません。情動にブレーキをかけ、長期的に見てよりよい判断を下すための「Cシステム」は、大人になってからでもちょっとした工夫で伸ばすことができるのです。

目先の利益に惑わされないコツ

目先の利益を我慢し、後々もっと大きな利益を上げられるほうを選択する。そのためには、いくつかコツがあります。

まずは、目先の利益が目に入らないようにするのが効果的です。例えばダイエットなら、なるべく食べ物やそれにまつわる情報が視界に入らないようにする。ある実験では、目の前にお菓子を盛ったかごを置くのと置かないのでは、食べる量が20パーセントも変わってくるというデータが出ています。

ですから、もしあなたがダイエット中なら、家の中や仕事場の目につく場所にはできるかぎり食べ物を置かないようにする。また、食べ物に関する記事やテレビ番組にも極力触れないようにする。まさに前述のマシュマロ実験で、子どもたちが何とかマシュマロを食べないようにしたときの工夫と同じことですね。

次ページ目先の欲望にとらわれない方法
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT