我慢弱い子ほど「高収入・高学歴」に縁遠い理由

「マシュマロ実験」が明らかにした衝撃事実

さらにさらに、その23年後、つまりは彼らが45歳になったときにもう一度、追跡調査が行われました。するとマシュマロを我慢できたグループのほうが明らかに社会経済的地位(SES)が高かった。いうなれば、より“成功”していたのです。

目先の欲望にとらわれることなく、長期的な利益を考えて判断できる人は、人生で成功しやすい。そのことを長期にわたる調査で証明した同実験は、「人間行動に関する検証で最も成功した実験の1つ」ともいわれています。

でも、マシュマロ実験の結果は裏を返せば、子ども時代の“自制が利く”という資質は、大人になってからもずっと継続するということ。つまり、子どものころにその資質がなかった人は、大人になってからではもうどうしようもないのでしょうか?

いえ、決してそんなことはありません。情動にブレーキをかけ、長期的に見てよりよい判断を下すための「Cシステム」は、大人になってからでもちょっとした工夫で伸ばすことができるのです。

目先の利益に惑わされないコツ

目先の利益を我慢し、後々もっと大きな利益を上げられるほうを選択する。そのためには、いくつかコツがあります。

まずは、目先の利益が目に入らないようにするのが効果的です。例えばダイエットなら、なるべく食べ物やそれにまつわる情報が視界に入らないようにする。ある実験では、目の前にお菓子を盛ったかごを置くのと置かないのでは、食べる量が20パーセントも変わってくるというデータが出ています。

ですから、もしあなたがダイエット中なら、家の中や仕事場の目につく場所にはできるかぎり食べ物を置かないようにする。また、食べ物に関する記事やテレビ番組にも極力触れないようにする。まさに前述のマシュマロ実験で、子どもたちが何とかマシュマロを食べないようにしたときの工夫と同じことですね。

次ページ目先の欲望にとらわれない方法
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT