アカデミー賞候補!短編映画『八人目の侍』が誕生するまで《ハリウッド・フィルムスクール研修記7》



 AFIでは毎年、生徒と業界関係者をつなぐ試みとして、ハリウッドの代表的な映画館「アークライト」の1スクリーンを数日貸切り、卒業製作をお披露目する「AFI Showcase」を開催しています。

『8TH…』のアンブロシーノ監督は、メジャー作品を過去手掛けてきたプロデューサーとこの場を通じて知り合い、次回作の監督オファーを受けました。また、韓国の著名映画監督からも誘いを受け、今春3カ月韓国に滞在し、脚本を執筆。彼のプロデュースの下で、監督を務めることも決まっています。

それに加え、構想段階ではあるものの、日本の業界関係者からも『8TH SAMURAI』の長編化について申し出を受けているとのこと。

まさに脚本を生み出すところから、作品の業界試写まで、フィルムスクールはサポートをします。もちろん、競争の激しい業界ですので、MBAのように「卒業後平均年収」といった結果の保証はまったくありませんが、年間数人がその機会をフル活用し、チャンスをつかんで卒業していきます。

周囲の談によれば、アンブロシーノ監督は1年生のころはそれほど目立った生徒ではありませんでした。しかし、その1年で得た下地を基に製作した『8TH SAMURAI』で、才能が開花したといえるでしょう。

アカデミー賞については当然意識しつつも、「今集中すべきは、韓国で撮る長編。これが自分の将来を決める」とすでに意識は次回作に向かっています。

かくいう私自身の卒業製作プロジェクト、こちらは今年12月の撮影に向けて鋭意準備中です。こちらの進捗は、また研修記のなかで報告していきたいと思います。

木野下 有市 (きのした・ゆういち)
 1980 年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒業後、広告会社にて大手飲料・製薬メーカーの広告キャンペーン等を担当。2008 年8 月よりアメリカン・フィルム・インスティテュート(AFI/米国映画協会)大学院にて映画プロデュースを専攻。ギャガ会長・東京国際映画祭チェアマン依田巽氏の寄付で設立されたAFIの奨学金を受け、芸術学修士の取得を目指して勉強中。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング