アカデミー賞候補!短編映画『八人目の侍』が誕生するまで《ハリウッド・フィルムスクール研修記7》



 余談になりますが、アメリカ人の教師は本当にほめ上手です。ポジティブシンキングでなければやっていけないベンチャー起業家や映画プロデューサーが、この国から生まれてくるのもうなずけます。

指導教員からは、特に私に不可欠な語学面でのアドバイスから、内容に関する具体的な提案まで事細かに赤ペンを入れてもらえます。

例えば、私はストーリーの中で、戦場における日系人とアメリカ人の対立に関するエピソードを入れていましたが、「両者の対立をもっと押し出すには、さらに強烈なエピソードをもう1つ加えたほうがよい。日系人が食べるビーフシチューの中に、アメリカ人兵士が泥を仕込む、というのはどうか?」と具体的なアイデアまでもらいました。

そして脚本提出後、AFIの学生にとっては運命の「結果発表」の日がやってきます。残念ながら私の作品はRedlight(赤信号=不採用)。提出した全員が自分の書いた脚本を映画化したいわけで、怒鳴り散らす生徒や、意気消沈している生徒が多く見られました。

メンターシップと仮想“スタジオ・システム”

ただし、がっかりしている余裕はありません。結果発表の直後から、採用になった25本の執筆者を中心に、チームを組み、続いてディベロップメント(企画開発)が始まります。

元のアイデアとなる脚本はあるとは言え、実際に映画として作るためには予算・スケジュール面での検証や、ストーリーやキャラクターの詳細を詰めていかなくてはなりません。

このプロセスの中で、重要な役割を果たすのがメンター(指導者)制度。AFIでは1本の作品につき、クリエーティブ面と製作面をアドバイスする2人のメンターがつきます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング