アカデミー賞候補!短編映画『八人目の侍』が誕生するまで《ハリウッド・フィルムスクール研修記7》

今年6月末、世界最大規模のショートフィルム(短編映画)映画祭「LA Shorts Fest」がロサンゼルスで行われました。

その中で、最高賞を受賞したのは全編日本語・日本人キャストにより作られた作品『THE 8TH SAMURAI』(八人目の侍)。監督は私が通うAFI(アメリカンフィルムインスティテュート/米国映画協会)を昨年卒業した、イタリア系アメリカ人のジャスティン・アンブロシーノ氏。

 作品はAFIの卒業製作として作られ、黒沢明監督の『七人の侍』をモチーフに、「もしあの映画に8人目の侍がいたら」という仮説の下に描いたもの。最初の予定では8人起用するはずだった侍を、監督がクランクイン直前に7人にすることを決意。8人目を演じるはずだった「南州」という名の俳優の運命を描いたコメディ・ドラマです。

このLA Shorts Festでの受賞により、作品はアカデミー賞短編部門のエントリー資格を獲得。過去この映画祭からオスカーノミネートが33作、受賞作が11作出ていることからも、いまや『THE 8TH SAMURAI』はアカデミー短編賞・最右翼と言っても過言ではありません。

私自身、この映画を見たときには衝撃を受けました。監督をはじめとするメインスタッフは全員日本人でないにもかかわらず、細部に至るまで1950年代日本の撮影現場が再現されているほか、演技も音楽も素晴らしい。ハリウッド映画にありがちな「西洋人から見た日本」的な奇妙なところがなく、自然に物語にのめり込んでいきました。

その衝撃は私だけではなかったようで、キネマ旬報映画総合研究所長・掛尾良夫氏も自身のブログの中で次のように語っています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。