アカデミー賞候補!短編映画『八人目の侍』が誕生するまで《ハリウッド・フィルムスクール研修記7》



「神聖ともいえる作品を題材にするのは“いかがなものかな”と思いながらも見始めると、その力量に驚かされた。(中略)この作品を見て思ったことは、AFIはどのような役割を果たしたのかということだ。それは、どのように映画製作を教えているかということでもある。なぜかといえば、日本で学生の作ったショートフィルムを見て、このような印象を受けたことがないからだ。」

今回はこの問いに対して、私自身の経験と、『8TH…』の監督・主演俳優からのコメントも交えながら、答えてみたいと思います。

“青信号”は25/150

以前にもご紹介したとおり、AFIでは1年目に3本のショートフィルム製作を行います。その経験を基に、2年目に取り組むのが「卒業製作プロジェクト」。1年目の作品が35万円程度の予算で作られるのに対し、卒業製作は300万~600万円程度。学生たちにとって、2年間の集大成と言えます。

映画製作は常に「脚本」からのスタートです。学校に対して、脚本学科だけでなく監督・プロデューサー学科の生徒が脚本を提出し、その中から約25本にGreenlight(青信号=企画採用)が出されます。提出される数は、合計で約150本。1人の提出数に制限はないため、脚本学科の中には1人で10本近く提出する生徒もいます。

脚本の専門教育を受けていない監督学科とプロデューサー学科の生徒に対しては、1年次後半の半年間、脚本執筆のクラスが開講されます。その中で、プロの脚本家の指導を受けながら20ページ程度の脚本(1ページが映画の約1分に相当)を書き上げます。

ちなみに私は、ロサンゼルスに来てから興味を持った、第2次世界大戦中の「日系アメリカ人兵士」に関するストーリーを執筆。実際にあった感動的なエピソードを基に書いたこともあり、『スター・トレック』シリーズの脚本家だった指導教員から「『プライベート・ライアン』を超える感動作だ」との大絶賛を受けました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT