「営業」だった私がフィルムスクールを選んだ理由《ハリウッド・フィルムスクール研修記2》


 少し前になりますが、7月4日は米国独立記念日。ロサンゼルスで脳神経科医として活躍され、いまは引退された大学の大先輩のお宅に、花火鑑賞に行ってきました。日本のような技を尽くした花火ではありませんが、混雑とは無縁の丘の上のテラスから見下ろす花火は贅沢なものでした。

大学の先輩後輩、40人程度が集まっていましたが、このような場で「映画大学院に通っている」と伝えると、さぞ映画好きなんでしょう、と尋ねられます。たしかに、私は大学時代から一貫して、ビジネスとしての映画産業に強く引かれてきました。

しかし、実を言えば、ハリウッド映画よりも日本のテレビドラマを見るほうが好きですし、さらに言えば映画やテレビよりも、読書のほうがもっと好きです。見てきた映画の本数もフィルムスクールに入る前は人並みだったと思います。さすがに受験を志してからは見る本数を増やしましたが、それ以前は映画館にいくのは年にせいぜい2、3回でした。

大学も文系学部でしたし、広告会社で担当していたのも「営業」。一番嫌いな科目が美術だった自分が、Master of Fine Arts(芸術学修士)を取得しようとしているのですから、我ながらあきれてしまいます。

そんな私がフィルムスクールを留学先に選んだのは、それはフィルムスクールのプロデュース学科というのは、いわばMaster of Entertainment Business、つまり「エンタメのMBA」だと考えたからです。

エンタメMBAで学ぶこと

私がアメリカン・フィルム・インスティテュート(AFI/米国映画協会)で学んでいる内容は、大きく三つあります。

一つめは、ビジネスとしての映画についてです。

ここでは、映画のファイナンス、マーケティング、エンタテインメントに関わる法律など、ハリウッドビジネスの基礎を座学で学んでいます。ロサンゼルスという土地柄、授業にはハリウッドで現在活躍中のエンタテインメント弁護士、スタジオ幹部、プロデューサーが、講義にやってきます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。