メジャースタジオ勤務で感じた“純ドメ”日本人の強みと弱み《ハリウッド・フィルムスクール研修記4》


 8月中旬、2カ月間にわたる大手スタジオの国際製作部門でのインターンシップが終了しました。

週2回程度勤務の学生が多いなか、私は週4日をオフィスで過ごし、残りの平日も自宅で仕事のための調べものなどに費やしていましたので、この夏はインターン一色だったといっても過言ではありません。

私が通うのは2年制の大学院ですから、これが最初で最後の夏休み。ロサンゼルスの海や青空を楽しむ余裕もなくパソコンの前で過ごした日々でした。しかし、夏休みを楽しむ以上に、日本にいた時にははるか遠くに感じていたハリウッドの権力の一端に触れられたことは大きな収穫でした。

ハリウッド業界人たちのワークスタイル

スタジオの職場環境は、ほぼ私たち日本人が考える“外資系企業”のイメージです。朝9時に出社して、夕方6時の定時少し過ぎにはほとんどの人がいなくなります。ただ、勤務時間内は目いっぱい働いている印象で、ランチはほぼビジネス・ミーティングに充てるか、そうでなければ仕事をしながらデスクでサラダや冷凍食品をとるような感じです。

私の広告会社勤務時代と比較すると、想像していたよりミーティングが少ない印象があります。一方で、コールセンターのオペレーターのようなヘッドセットをつけて、つねに電話で話をしていますし、テレビ電話が会議室には完備されているため出張も最少化できるのでしょう。

日本では「会って話す」ということが重要視されていますが、こちらでは本当に必要があるとき以外は会うことはせず、極力、時間的にも費用的も、効率的な方法をとる傾向があるようです。

ただ、6時過ぎにオフィスを出ても仕事が終わるわけではありません。自宅でメールをやり取りし、週末には5~10本の脚本を読み、仕事で関係するクリエーターの作品などをチェック。仕事の後に「一杯行く」ような雰囲気はみじんもありません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。