ハリウッドで活躍する“アラサー"日本人たち《ハリウッドフィルムスクール研修記3》


 去る8月1日、ロサンゼルスのダウンタウンにある劇場と、横浜の「ブリリアショートショートシアター」という映画館の2会場をインターネットでつないだインタラクティブな映画イベント「シネリンピック」が開催されました。

 

イベントを企画したのは、ロサンゼルスの日本人大学生たち。日米それぞれの国で製作されたショートフィルムを上映し、両会場にいる審査員と観客が評価するという、新しいタイプの映画イベントです。

ロサンゼルスの会場には日本人を中心に100人強が集まり、上映終了後には深夜まで交流会が行われました。来場者には映画ファンだけでなく、ここロサンゼルスで映画を勉強している若者が多く集まっていました。

ロサンゼルスは映画産業のメッカ。日本からも俳優・監督をはじめとするたくさんの「業界志望者」が集まってきます。

このシネリンピック以外にも、毎年4月に大掛かりに行われる「ジャパン・フィルム・フェスティバル」(JFF)など、いくつかのイベントを核として緩やかに「日系エンタメ業界コミュニティ」がロサンゼルスにはできあがっています。

そんな中で、このシネリンピックでも大学生たちをサポートし、アニキ的存在として慕われているのが、ハリウッドで活躍し始めている“アラサー”世代(30歳前後)の若者たち。今回はその中から、私が注目している3人を紹介したいと思います。

環境ビジネスから大手スタジオにキャリアチェンジ

シネリンピックやJFFのアドバイザー的存在の三石勇人さん(34)。現在、ロサンゼルスで自らの会社を立ち上げ、20世紀フォックス本社からのマーケティング業務を請け負う傍ら、「ハリウッドで活躍する日本人タレント」の輩出を目指しマネジメント業を営んでいます。

 

 

カナダで生まれ育ち、日本の大学を卒業した三石さんは、環境ビジネスを強みとする東京の商社に入社。30歳のときにMBA取得のため、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)のビジネススクールに私費留学します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT