「水の不要な消毒液」がアフリカに見つけた金脈

「手を清潔に」を説くサラヤの“きれいごと“

日本人の常識を手放したからこそアフリカで成功した(写真:NHK大阪放送局)
「地球上最後の成長市場」と言っても過言ではないアフリカ。中でもウガンダは年率6%を超える経済成長と人口増加により、海外企業の進出が相次ぐ。
このウガンダで、現地の廃棄物から消毒液を製造しているのが、大阪に本社を置く衛生用品メーカーのサラヤだ。更家悠介社長は「“きれいごと”が企業を成長させる」を掲げ、企業とウガンダ双方のWIN-WINな関係こそがビジネス成功の鍵と考える。もう1社は関西ペイント。蚊を防ぐ特殊なペンキを売り込んでいる。
NHK大阪放送局が制作する「ルソンの壺」は、10月27日(日)の最新放送回(関西地域で7時45分~8時25分放送)でサラヤの更家社長と関西ペイントの赤木雄執行役員の話を聞いた。このうち小説家で番組コメンテーターの真山仁氏、司会の渡邊佐和子アナウンサーによる更家社長へのインタビューを、番組本編に収まりきらなかった部分も含めてお届けする。

感染症対策で水の不要な消毒液を投入

真山 仁(以下、真山):「“きれいごと”が企業を成長させる」。耳に残るフレーズです。

更家 悠介(以下、更家):現実的ではないとよく言われますが、時代が「きれいごと」を求めてきているように思っています。

真山:サラヤはどういう経緯でウガンダに進出したのですか?

更家:2010年に日本ユニセフから声を掛けていただいたのがきっかけです。ウガンダは首都近郊であっても、家庭に水道がなく手洗いなしで料理したり食事したりするので、感染症が繰り返し大流行していました。そこで、「手を清潔にすることが必要」ということで、当社が手がけている水の不要な消毒液を投入することになりました。

2010年当初はチャリティーで始めましたが、毎年寄付ばかりでは続きません。これをビジネスにしてもっと普及させたいと思い、2011年に本格的に事業化しました。

真山:ビジネスとしての手応えはありますか?

サラヤの更家悠介社長(写真:NHK大阪放送局)

更家:今、ウガンダでは採算が取れていますので、十分にビジネスとして成立しています。そもそも、全然普及していなかったので。

真山:手を清潔にする習慣が、現地にはなかったということでしょうか?

更家:そうです。院内感染や子供の下痢は、手洗いで防げるということが認知されれば乳幼児の死亡率は下がり、ビジネスが伸びてくると思いました。また、ウガンダは競合の進出が手薄なエリアで、現にアメリカ企業は参入してきていません。

真山:米系企業は大きな収益が見込める場所にしか参入しませんから、まだ市場が小さいのでしょう。

更家:なので、メリットがありますね。

次ページ習慣化するまでの苦労
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。