iPhone「iOS 13」の地味に進化した機能に着目

3D Touchの代わりに搭載された「触覚タッチ」

新たに発表されたiPhone3機種についてレポートする(筆者撮影)

iPhone 11、11 Pro、11 Pro Maxが発売され、既存の端末もiOS 13にアップデートされた。iPhone 11シリーズは、超広角カメラに対応したのが目玉で、暗い場所でも明るく撮れる「ナイトモード」などに対応している。一方で、画面を押した圧力を検知する「3D Touch」に対応していないなど、総合的に搭載する機能を見直した結果、削除されたものもある。操作性が変わってくるため、慣れが必要になるとともに、設定の見直しも必要になりそうだ。

この連載の一覧はこちら

iOS 13はユーザーインターフェースのデザインにも大幅な見直しがされており、ソフトウェア由来の新機能は多い。ダークモードの搭載や、写真、ファイルといった既存のアプリも、中身を一新しているのが特徴だ。こうした“派手”な機能はすぐに気づけるものも多いが、iOS 13の改善は細かなところにまで及ぶ。こうした機能を知っていれば、iPhoneをもっと便利に使いこなせるはずだ。そこで今回は、新iPhone、新iOSにまつわる裏技を紹介していきたい。

1. 3D Touchより使いやすい「触覚タッチ」を活用する

iPhone 11シリーズで、ひっそりと姿を消してしまった機能がある。それが、圧力を検知する「3D Touch」だ。3D TouchはiPhone 6s、6s Plus以降のiPhoneに原則として搭載されてきたが、昨年発売されたiPhone XRで非対応に。iPhone 11シリーズでは、3機種すべてから3D Touchがなくなってしまった。代わりに搭載されたのが、振動で画面を押し込んでいる風の感触を再現する「触覚タッチ」だ。

あくまで押し込んでいるような感覚になるだけで、原理的にはロングタップと同じ。画面を押し込む操作とロングタップは、ユーザー側が意識的に区別するのがやや難しかったため、慣れてしまえば、触覚タッチのほうが直感的に操作できる。賛否両論あるものの、筆者にとっては、3D Touchより触覚タッチのほうが使いやすいと感じている。

次ページ「触覚タッチ」に慣れない人は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT