「Pro」が登場した新型iPhoneはどれが買いか

カメラが3つに進化、ガラス背面はさらに強化

アップルは9月10日、新しいiPhoneを発表した。予約受付開始は9月13日午後9時(筆者撮影)

アップルはアメリカ時間9月10日に、カリフォルニア州クパティーノにある本社でスペシャルイベントを開催し、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、Apple Watch Series 5、iPad(第7世代)を発表した。

中でも注目されるのはアップルの主力製品である新型iPhoneだ。2019年モデルでは次世代通信規格である5Gへの対応が見送られ、サムスンなどの競合メーカーに後れを取る結果となった。その一方で、近年のiPhoneの懸案だった問題に取り組み、再び競争力をつけることになりそうだ。

iPhone 11は「今年の色」の6色展開

iPhone 11は縁なし液晶ディスプレー「Liquid Retina」を搭載するスタンダードモデルだ。2018年モデルのiPhone XRを引き継ぐが、プロセッサーにA13 Bionicを搭載し、カメラを進化させた。しかし目を引くのは新色だ。

iPhone 11は6色展開(写真:アップル)

iPhone XRと同様に6色展開となったが、ブルーとコーラルの代わりに、パープルとグリーンを追加した。またこれまでも用意されてきたイエローとともに、よりやわらかなトーン色味が採用された。例えばグリーンは緑というよりはアイスミントのようなカラーだし、前年から引き継がれたイエローも淡い色。パープルは淡い小豆色にも見える。

膨大なカラーパターンの中から選択したとされる色は、世界中のマーケティングデータから紡ぎ出された「今年の色」というわけだ。しかも、アルミニウムのフレームやアンテナラインにもボディカラーを染色するこだわりようだ。

次ページスマートフォン史上最も硬いガラス
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。