「Pro」が登場した新型iPhoneはどれが買いか

カメラが3つに進化、ガラス背面はさらに強化

アップルは9月10日、新しいiPhoneを発表した。予約受付開始は9月13日午後9時(筆者撮影)

アップルはアメリカ時間9月10日に、カリフォルニア州クパティーノにある本社でスペシャルイベントを開催し、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、Apple Watch Series 5、iPad(第7世代)を発表した。

中でも注目されるのはアップルの主力製品である新型iPhoneだ。2019年モデルでは次世代通信規格である5Gへの対応が見送られ、サムスンなどの競合メーカーに後れを取る結果となった。その一方で、近年のiPhoneの懸案だった問題に取り組み、再び競争力をつけることになりそうだ。

iPhone 11は「今年の色」の6色展開

iPhone 11は縁なし液晶ディスプレー「Liquid Retina」を搭載するスタンダードモデルだ。2018年モデルのiPhone XRを引き継ぐが、プロセッサーにA13 Bionicを搭載し、カメラを進化させた。しかし目を引くのは新色だ。

iPhone 11は6色展開(写真:アップル)

iPhone XRと同様に6色展開となったが、ブルーとコーラルの代わりに、パープルとグリーンを追加した。またこれまでも用意されてきたイエローとともに、よりやわらかなトーン色味が採用された。例えばグリーンは緑というよりはアイスミントのようなカラーだし、前年から引き継がれたイエローも淡い色。パープルは淡い小豆色にも見える。

膨大なカラーパターンの中から選択したとされる色は、世界中のマーケティングデータから紡ぎ出された「今年の色」というわけだ。しかも、アルミニウムのフレームやアンテナラインにもボディカラーを染色するこだわりようだ。

次ページスマートフォン史上最も硬いガラス
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT