女子高生襲う「AirDrop痴漢」の悪質すぎる手口

女性だけでなく俳優の加藤諒や男性も被害に

「AirDrop痴漢」の被害が増えている。被害に遭わないためにどんな対策が必要なのか解説していきます(写真:tdub303/iStock)

近くのiOS端末と画像などを共有できるiPhoneの機能、「AirDrop(エアドロップ)」。この機能を悪用した「AirDrop痴漢」が頻発している。

8月、福岡県警によって、AirDrop痴漢が初めて摘発された。37歳の男が、電車内で34歳男性のiPhoneに女性のわいせつな写真を送信した疑いで書類送検されたのだ。被害男性は電車内でスマホを手にしながら周囲をうかがう男を発見し、通報。男は過去にも何回か同じことをしていたという。

AirDropの悪用で今、どのような被害が起きているのか。具体的な事例と対策について解説したい。

女子高生を襲う「AirDrop痴漢」

先日、ある女子高生がAirDrop痴漢に遭った。

高校に向かう朝の電車内で、「◯◯が1枚の写真を共有しようとしています」というメッセージと共に、男の陰部が写ったわいせつな画像が送られてきたそうだ。パニックになった彼女は、思わず「受け入れる」「辞退」から「辞退」を選んだ。しかし、辞退を選択したため端末に証拠が残らず、警察に届けることもできなかった。こうした手口は、「サイバー露出」とも呼ばれている。

見知らぬ人から画像が送られても、受信者側で拒否することはできる。しかし、送信された時点でプレビュー画面が表示されてしまい、不快な画像を見せつけられてしまう。わいせつ画像のほか、ホラー画像などを嫌がらせ目的で送る例もあるようだ。俳優の加藤諒さんも、新幹線内で携帯電話をいじっている自分の写真が送られる被害に遭ったことをTwitterで告白している。

俳優・加藤諒さんが被害を受けたときのツイッター(Twitter:https://twitter.com/kato_641/status/1051376524887093253

女子高生のAirDrop痴漢被害は、年々増加傾向にある。10代向けファッション雑誌の企画で、女子高生にスマホ関連の悩みを聞いたところ、数年前と比べて「AirDrop痴漢」という回答が目立ってきている。

女子高生のiPhone支持率は高く、データ通信量不足に悩んでいる彼女たちにとって、AirDropはありがたい機能だ。というのも、Bluetooth経由でデータを送受信でき、通信量がかからない。「エアドロがあるからiPhoneを使っている」という子もいる。

次ページいきなりメッセージ送る「AirDropナンパ」も
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。