新型フェラーリ、雨でも驚きの「乗りやすさ」 「F8トリブート」イタリアでの試乗レポート

拡大
縮小
運転しやすさを追求した「F8トリブート」はどんなマシンなのか?(写真:LEON編集部)
今年、3月に発表された話題の「F8トリブート」。7月には日本で発表会が開かれ、9月下旬にはフェラーリが本社を置くイタリアのマラネロ周辺で試乗会が行われた。

雨の中を走ってわかった「操りやすさ」

フェラーリが(少し)変わった。2019年3月に発表された「F8トリブート」に注目してほしい。

スタイリングはレーシングカーなみの空力付加物で”武装”した最新のスーパースポーツであるが、性能をあげつつも、運転しやすさを追求し、新しい層へのアピールをはかったモデルなのだ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

日本では7月に東京で、報道陣を集めた発表会が行われ、話題を呼んだ。フェラーリが本社を置く中部イタリアのマラネロ周辺で試乗会が開かれたのは、9月下旬になってからだ。

乗ってみると、十分に待つ価値のあるモデルだった。

従来の「488」の後継モデルとして企画され、出力は、488シリーズのなかでも最強の「488ピスタ」(ピスタは伊語でサーキットの意)と同等。それでいて、「フェラーリ初心者にも乗れるモデル」(フェラーリのエンジニア)というのだ。

試乗は、「フィオラノ」と呼ばれるフェラーリ自前のテストコースと、マラネロを起点としてエミリオロマーニャ州の山岳路で行われた。

フィオラノは雨にたたられたが、すばらしい安定性を体験できた(写真:LEON編集部)

あいにくの雨でテストコースでは慎重にならざるを得なかったけれど、ステアリングホイールのスポークに装着された「マネッティーノ」と呼ばれるドライブモードセレクターで「ウェット」(濡れた路面)を選んでみると、それでも十分に速い。

次ページ雨の中でもアクセルを思い切り踏める
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT