新型フェラーリ、雨でも驚きの「乗りやすさ」

「F8トリブート」イタリアでの試乗レポート

488シリーズにはトップパフォーマンスモデルとして488ピスタがある(あった、というべきかな)が、最高出力の数値は同等。ただし実際には排圧のコントロールなどが違い、ピュアなスポーツカーという点では、488ピスタに軍配が上がる。

いっぽうで、高速での乗り心地を含めて、操作性の高さではF8トリブートが勝るのだ。「フェラーリに初めて乗るというひとも受け入れてくれるよう開発しました」。マラネロで出会ったフェラーリのエンジニアの言葉に説得力を感じた。

乗りやすさを強調したキャラクターに仕上げた

なぜF8トリブートでは”乗りやすさ”を強調しているかというと、パフォーマンスではさらに上をいく1000CVの「SF90ストラダーレ」が発表されたからだ(日本では10月9日に発表)。

V8フェラーリは運転を楽しむためのクルマだが、そのなかでも、このように、明確にキャラクターを分けているのだ。エンジン音だけは、かつての甲高いものでなく、回転があがっても低中音成分が多い。これを残念がるファンも少なくない。

サウンドを別とすれば、フェラーリは、相変わらずいい仕事をしている。乗れば絶対に好きになれるだろう。どうして、こんな造型なのだろうか、とボディ外板や室内各部を点検しながら、フェラーリのクルマづくりの考えを理解していくという楽しさもしっかりある。オーナーになることを楽しませてくれるモデルだ。

価格は3245万円である。

(文/小川フミオ)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT