新型フェラーリ、雨でも驚きの「乗りやすさ」

「F8トリブート」イタリアでの試乗レポート

トルクをコントロールしてタイヤがスピンしないようにするのがウェットモードの目的だ。いっぽう、そのためにドライバーは思いきりよくアクセルペダルを踏める。

「スピンしたって、テストコースは十分にマージンがあるから、だいじょうぶ」。最初の同乗走行で、F8トリブートのポテンシャルを垣間見せてくれたフェラーリのテストドライバー氏は、そう言って笑った。

実際のところ、ウェットモードでも、ストレートの始まり以外で、アクセルペダルを床まで踏む気になれなかった。ただし踏んだときは、車輪はしっかり路面をとらえて、車両はいっさい進路を乱すことなく、期待以上の加速力で直線路を駆け抜けるのだ。

ブレーキも正確で、確実である。スポーツカーの本質的なよさとは、加速力よりも、ブレーキの繊細さにあると私は思っている。F8トリブートはその期待に100パーセント応えてくれた。

素直なハンドリングで、車体がスムーズに動く

微妙な路面のうねりや小さなコーナーの連続では、ドライバーはブレーキをうまくコントロールする必要がある。アクセルペダルを緩めてターンインのきっかけを作るのだが、高速から入っていくときは制動も必要だ。

踏みすぎては速度が落ちすぎてしまい、逆に速度を回復するためにアクセルペダルを必要以上に踏んで姿勢が不安定になることも、一般論としてはある。

F8トリブートは、許容範囲が広くて、アクセルペダルを多少乱暴に踏んでも、ウェットモードであるかぎり、挙動はいっさい乱れない。

ハンドリングも安定している。ピレリのノーマルタイヤだったが、濡れた路面も確実にグリップし、加減速の速さはまことに気持がいい。488GTBより径が小さくなったステアリングホイールを切ったときの動きは、じつにナチュラルだ。

次ページ0-100km/h加速は2.9秒に短縮された
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT