男の子に「男らしさ」を求める子育ての弊害

弱肉強食ではなく、共存共栄の時代だ

21世紀にふさわしい男の子の育て方とは?(写真:よっし/PIXTA)

有名男子校11校のベテラン教師たちの言葉を軸に展開する、21世紀の「イイ男」の育て方。『21世紀の『男の子』の親たちへ 男子校の先生たちからのアドバイス』を書いた教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏に聞いた。

弱肉強食ではなく、共存共栄の時代

──まず父親に読んでほしいとか。

日本社会では、「男はこうあるべき」「女はこうあるべき」という役割を担わされる。家事育児は女性に、仕事や稼ぎは男性に大きな期待が寄せられ、役割分担が偏っているんです。とくに昭和生まれの男性は凝り固まった男らしさの理想像を子どもに押し付けてしまう。

それはもう通用しない時代であることを自覚してください、という意味で冒頭にいくつかデータを載せました。経済停滞期に入っていく中で、男性は仕事ができてへこたれなくて、たくさん稼げて包容力があるのがカッコイイ、ではもうないよとね。弱肉強食でなく、共存共栄の時代です。

──子どもには、男であることに縛られない人生を歩ませよ、と。

男性という集合体の中で、昭和的マッチョな男性というごく一部分を真ん中に置くと、周縁にいる人たちは、それはそれで個性なのに、男性らしさのない駄目なヤツと言われる。できるだけ真ん中の人のように振る舞うよう圧力をかけられる社会。生きづらいわけです。

価値観の違うものを融合することで、イノベーションが起こる社会にしなければいけないときに、中心に向かう圧が強くて、多様性を狭めてきた。個人もつらいし、社会としてもその才能を封印してしまう。いろんな個性の人がそれぞれ素のままで、自分らしくいられる社会であるべきです。

次ページAIに負けない「感性」を育てるのに親ができること
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。