男の子に「男らしさ」を求める子育ての弊害

弱肉強食ではなく、共存共栄の時代だ

21世紀にふさわしい男の子の育て方とは?(写真:よっし/PIXTA)

有名男子校11校のベテラン教師たちの言葉を軸に展開する、21世紀の「イイ男」の育て方。『21世紀の『男の子』の親たちへ 男子校の先生たちからのアドバイス』を書いた教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏に聞いた。

弱肉強食ではなく、共存共栄の時代

──まず父親に読んでほしいとか。

日本社会では、「男はこうあるべき」「女はこうあるべき」という役割を担わされる。家事育児は女性に、仕事や稼ぎは男性に大きな期待が寄せられ、役割分担が偏っているんです。とくに昭和生まれの男性は凝り固まった男らしさの理想像を子どもに押し付けてしまう。

それはもう通用しない時代であることを自覚してください、という意味で冒頭にいくつかデータを載せました。経済停滞期に入っていく中で、男性は仕事ができてへこたれなくて、たくさん稼げて包容力があるのがカッコイイ、ではもうないよとね。弱肉強食でなく、共存共栄の時代です。

──子どもには、男であることに縛られない人生を歩ませよ、と。

男性という集合体の中で、昭和的マッチョな男性というごく一部分を真ん中に置くと、周縁にいる人たちは、それはそれで個性なのに、男性らしさのない駄目なヤツと言われる。できるだけ真ん中の人のように振る舞うよう圧力をかけられる社会。生きづらいわけです。

価値観の違うものを融合することで、イノベーションが起こる社会にしなければいけないときに、中心に向かう圧が強くて、多様性を狭めてきた。個人もつらいし、社会としてもその才能を封印してしまう。いろんな個性の人がそれぞれ素のままで、自分らしくいられる社会であるべきです。

次ページAIに負けない「感性」を育てるのに親ができること
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。