LED照明の次世代戦争、4000円電球が火ぶた切る、新参シャープに東芝・パナが反撃 


 白熱電球、蛍光灯に続く新しい光源として期待されるLED(発光ダイオード)を使った照明市場が、にわかに盛り上がっている。家電量販店では奥まった場所に陳列棚があるにもかかわらず、LED電球に見入るお客が絶えない。ビックカメラ有楽町店家電コーナーの田村融統括主任は「少し前はLEDとは何かから説明しなければならなかったが、今はお客様がLEDとわかったうえで質問される」と、その急変ぶりに驚きを隠さない。

低消費電力や超寿命といった特長があるLEDは、信号機やイルミネーションなどへの利用が先行していた。モノを照らす明るさでは見劣りしていたが、半導体の一種であるLED素子の性能向上で、2008年ごろから商業施設などでLED照明が広がり始めた。といっても、専用器具を必要としたため、一般家庭への普及は進んでこなかった。

新参者シャープの衝撃 雪崩を打って大手が追従

今年3月、東芝ライテックが従来の白熱電球用口金に取り付け可能で、サイズや明るさで白熱電球と代替可能なLED電球を投入した。しかし、希望小売価格1万0500円、実売価格でも8000円前後したため、人気に火がつくことはなかった。

それからわずか4カ月後、同社は出したばかりのLED電球の改良型を投入した。価格は一気に半額の4000円前後。LED電球は白熱電球に比べ消費電力は8分の1、寿命は40倍の4万時間とされる。価格が白熱電球の40倍の水準に達したことで、環境意識の高い消費者が動いた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。