LED照明の次世代戦争、4000円電球が火ぶた切る、新参シャープに東芝・パナが反撃 



 もちろん、現在の価格と性能を考えると、すべての白熱電球がすぐにLED電球に置き換わるとは考えにくい。LED電球と比べることで、電球形蛍光灯の評価が逆に上がる可能性もある。が、予想以上の速い動きに、もはやパナソニック、東芝もLED電球に本気だ。

パナソニックは、一般電球より小形のミニクリプトン電球代替用にE17口金用LED電球を業界で初めて投入する。それは「今年発売するはずではなかった製品」(パナソニック・伊藤好生ライティング社社長)だ。東芝も10月に、従来よりも明るさを増したLED電球を発売するなど、ラインナップを拡充する。

彼らを主導権奪回に駆り立てるのは「一度、口金を奪われたらおしまい」(東芝ライテック・堀取締役)という恐怖感である。寿命4万時間のLED電球は24時間つけっぱなしで4年以上もつ。通常の使い方なら交換は10年以上やってこない。

さらに、“照明大手vs.シャープ”は序盤戦の構図でしかない。LEDが主流となった日、市場の顔ぶれががらりと変わる可能性さえある。

「光源が半導体のLEDになるということは、パソコンなどと同様に水平分業型ビジネスモデルになるということ」とパナソニックの伊藤氏は喝破する。

白熱電球や蛍光灯は、蛍光体の調合やガラス管の加工に職人的なノウハウや大型設備が必要で、新規参入は困難だった。LEDは素子やパッケージを調達できれば、異業種でも比較的容易に参入できる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。