LED照明の次世代戦争、4000円電球が火ぶた切る、新参シャープに東芝・パナが反撃 



今後避けられないビジネスモデルの転換

シャープのほかにも、電子部品のロームは自前のLED素子でダウンライトやLED電球へ参入。高機能LEDを開発する三菱化学は10年に自社ブランドで国内外への展開も計画する。まったくの異業種からは大和ハウス工業が参入。大企業以外でもリサイクルトナーのエコリカ、伊藤忠商事が出資するベンチャーのモモ・アライアンス、架線金物メーカーの東神電気などが、続々とLED照明市場へ参戦している。

世界的に見ると、組み立て型デジタル家電で垂直型プレーヤーの旗色は悪い。既存の照明大手はどう対抗するか。LEDを外部調達し、海外で委託生産する日立ライティングは「放熱設計などの技術力と販路で勝負する」(マーケティング部)と言う。現状、他社からLEDを調達しているパナソニックや東芝は自社でのLED量産も検討している。

いずれLEDが普及すると、別の問題も生じる。これまで照明ビジネスは交換需要で稼いできた。しかしLEDは交換需要は激減させる。経営の観点からすれば生死にかかわる問題だ。一気には置き換わらないからそれは杞憂、と楽観的な見方もある一方、「まだLED照明のビジネスモデルを描けていない。とんでもないものを出してしまった、という人も社内にいる」(照明大手幹部)と焦りの声も聞かれる。

新しいビジネスモデルの確立は不可避だろう。パナソニック電工は法人向けに、蛍光灯や白熱電球を販売するのではなく、貸与し使用料を得る事業を展開している。現在は廃棄物処理の責任を回避できる点を訴求しているが、導入コストの高いLEDでも、こうした使用料モデルの「あかりEサポート」を開始した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。