LED照明の次世代戦争、4000円電球が火ぶた切る、新参シャープに東芝・パナが反撃 



 成長性を求めれば、これまで手薄だった海外進出も必須だ。三菱電機オスラムは、合弁相手の世界3強、独オスラムからLED電球の供給を受けている。「今回の日本の価格はオスラムの想定よりも厳しかった」(三菱電機オスラム商品企画課)。

今や日本はLEDの先端市場になった。そこで鍛えられれば海外でも戦える。東芝は本体で新照明システム事業統括部を作り、欧州で事業を開始。パナソニックやシャープも海外展開を見据える。成熟していた照明の世界に久々に到来した新時代。勝機をつかむのはどこか。

  

(山田雄大 撮影:尾形文繁、山内信也 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。