LED照明の次世代戦争、4000円電球が火ぶた切る、新参シャープに東芝・パナが反撃 



 成長性を求めれば、これまで手薄だった海外進出も必須だ。三菱電機オスラムは、合弁相手の世界3強、独オスラムからLED電球の供給を受けている。「今回の日本の価格はオスラムの想定よりも厳しかった」(三菱電機オスラム商品企画課)。

今や日本はLEDの先端市場になった。そこで鍛えられれば海外でも戦える。東芝は本体で新照明システム事業統括部を作り、欧州で事業を開始。パナソニックやシャープも海外展開を見据える。成熟していた照明の世界に久々に到来した新時代。勝機をつかむのはどこか。

  

(山田雄大 撮影:尾形文繁、山内信也 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽの闇 金融商品の罠<br>あなたの親も騙されている

犠牲になったのは郵便局を信頼していた人たちだ。編集部に寄せられた多くの声の主である現役・OBの郵便局員や被害者を徹底取材、かんぽ生命の「組織の闇」をえぐり出す。かんぽだけではない。その他の金融商品にも思わぬ罠が。

  • 新刊
  • ランキング