第5回 加工食品と上手につきあう

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6
拡大
縮小

脳の仕組みを知る

脳は「ニュートロン」という神経細胞の集まりで、その間には「シナプス」という隙間があります。そこに神経伝達物質が放出され、よく耳にするノルアドレナリン、セロトニンという脳機能の活性化が起こり、人の集中力が増すと言われています。
   ところが、最近のアメリカでの研究では食品添加物(農薬、保存料、防腐剤を含む)が脳を及ぼす被害として、体内で活性酸素が異常発生し、脳機能が損傷、変調を来たす、とのデータが出ています。
   食品添加物の影響で脳のセロトニンの分泌欠如も集中力の低下につながっているそうです。

近年の躁うつ病患者の急増や自殺者の増加も日頃の食生活が問題と言っても過言ではないでしょう。

次ページ原材料は必ずチェック
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT