織田裕二が「世界陸上」に欠かせなくなった理由

12大会連続、紆余曲折と変化の22年間

TBS系「世界陸上ドーハ」制作会見で熱く語る織田裕二さん=2019年9月18日(写真:日刊スポーツ新聞社)

ラグビーやバレーボールのワールドカップが放送される中、「世界陸上」も負けていません。9月27日から連日深夜に「世界陸上ドーハ2019」(TBS系)が放送され、男子50キロ競歩の鈴木雄介選手が金メダルを獲得するなど、盛り上がりを見せています。

盛り上げているのは、TBSが「世界陸上」中継をスタートした1997年のアテネ大会から12大会連続でメインキャスターを務める織田裕二さん。現在では、多くの人々から「織田裕二のいない『世界陸上』は考えられない」といわれるほど、番組を象徴する存在になりましたが、かつては批判も少なくありませんでした。

批判の主な内容は、「テンションが高すぎてうるさい」「感情移入しすぎで競技の邪魔」などの辛辣なものでしたが、それでもメインキャスターを続けてこられたのは、織田さんが単に「陸上が好きだから」という理由だけではなく、「そのパーソナリティーによるところが大きかった」とも言われているのです。

これは裏を返せば、「織田さんを見る視聴者の目が変わってきている」ということ。織田さんはどのように批判を乗り越え、「織田裕二のいない『世界陸上』は考えられない」と言われるほどの存在になれたのでしょうか。

織田さんのパーソナリティーと、批判を乗り越えた過程には、ビジネスパーソンに参考になるものが凝縮されていたのです。

当時は陸上競技に詳しくなかった

中井美穂さんとともに「世界陸上」のメインキャスターに就任した1997年、織田さんは1987年の芸能界デビューからすでに10年が経過していました。

1991年のドラマ「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)でブレイクし、その後も1992年に「あの日の僕をさがして」(TBS系)、1993年に「振り返れば奴がいる」(フジテレビ系)、1994年に「お金がない!」(フジテレビ系)、1995年に「正義は勝つ」(フジテレビ系)、1996年に「真昼の月」(TBS系)と毎年主演を飾ったほか、歌手としても「歌えなかったラヴ・ソング」「OVER THE TROUBLE」がヒットするなど、芸能界最高峰のスターに上り詰めていました。

次ページつらい時期もあった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。