男にも女にもモテる、「女前」の3つの条件

「かわいい」「色っぽい」「華奢」な女を目指せ

いつも隠れているパーツが見えると「色っぽい」

2つ目の「色っぽい」について。女性が好む色っぽさは、男性目線の肉感的な色っぽさとは少々違う。女性らしいパーツを強調しつつも、セクシーになりすぎず、さらに内側からにじみ出る色っぽさなのだ。

画像を拡大
「耳見せヘアアレンジ」を提案したページ

「2月号の『色っぽい女になります 宣言!』特集では、耳やうなじを出すヘアアレンジを提案していますが、いつも隠れているパーツが見えるとハッとさせられますよね。その新鮮な印象や普段とのギャップが、色っぽさを生み出すんですよ」

これは見た目だけでなく、精神面にも当てはまるだろう。仕事がいっぱいいっぱいだからといって、必死の形相になり、テンパったり、話しかけるなオーラが出ているのは、見る者をうんざりさせる。「たくさん仕事を抱えているはずなのに、悠然としている」「トラブルが起きても冷静に対処する」――そんな意外性のある余裕の態度が、大人の女性ならではの色気を感じさせるのだ。「色っぽい」も「女前」の条件に認定。

「着やせ」にはシャカリキなイメージがある

3つ目の「華奢」について。「着やせ」という言葉を使わないところに、デリケートな女心がある。

「『着やせ』という言葉には、太っているものを、シャカリキになってやせて見せるというイメージがある。それを女性は何となく嫌だと感じるのです。30代になると、どうしても体のラインが崩れてきます。太っているのではなく、あくまでも太って“見えて”しまう(笑)。それを服選びで華奢に見せるわけです。女性らしい丸みのある部分は、ゆるっと、ふわっとしたシルエットで見せて、体の華奢な部分を見せる。『三首見せ』というテクニックがあるのですが、首、手首、足首を見せると華奢に見えます」

「男前」な女性は、職場で男性たちに同化してチームプレーに加わるために、肩パットの入ったパンツスーツを着て、わざわざ骨太・筋肉質に見せていないか。ただでさえ肩に力が入りすぎているのに一層、戦闘的になる必要はない。丸みや華奢な部分を上手に見せる。それが「女前」の条件だ。 

次ページ篠原涼子、竹内結子、麻生久美子の共通点
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT