ネットを信じ込む妊産婦と医師の情報差の実態

不明確な情報が氾濫する中で必要なこととは

現代の妊産婦は情報量が豊富ゆえ、リスクや不安も生まれています(写真:Mills/PIXTA)

皆さんは、現代のお母さんたちが、一昔前と比べてとても便利で豊かな妊産婦・育児生活を送っていると考えていますか? スマホやインターネットの普及が進み、SNSなどを通して不安などをシェアしながら快適な生活を送っていると思われがちです。もちろん、欲しい情報がすぐに手に入る、誰かにすぐに相談できる、そんな環境が与えてくれる安心感もあります。

一方で、情報量の豊富さゆえ、リスクや不安も生まれています。そして、日々妊産婦と向き合う産婦人科医たちも同じくらい情報に対して課題を感じています。今回は、妊産婦と産婦人科医が抱えていた問題と、その解決に向けた挑戦をお伝えしたいと思います。

妊産婦と産婦人科医が抱える課題

情報検索が容易で便利な現代ですが、妊産婦や産婦人科医にとってこの状況は喜ばしいことばかりではありません。ネット上には出典元が不明確な情報が氾濫し、「妊産婦はインフルエンザの予防接種を受けるべきではない」「妊産婦はどんな薬も服用してはいけない」「赤ちゃんに抱き癖が付くからあまり抱っこはしないほうがいい」といった誤った常識や古い情報も無数に出回り、そういった情報を正しいと信じている人も少なくないからです。

1人ひとり状況がまるで異なる妊産婦がこの中から妊娠周期や自分のケースに合う的確な情報を選び出すことは、まるで砂漠の中から1本の針を見つけ出すようなものなのです。

そのような状況を作り出さないように、産婦人科医が適切な時期に必要な知識を直接伝えられればよいのですが、妊産婦とコミュニケーションが取れる健診の場では、赤ちゃんに異常がないかの確認を最も大事にしたいため、妊産婦の不安や疑問をじっくりと解消できる機会はかなり限られているのが現状です。

次ページなぜ情報の不一致は起きるのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT