ネットを信じ込む妊産婦と医師の情報差の実態

不明確な情報が氾濫する中で必要なこととは

一方、妊産婦が知りたい情報は医療費や妊婦健診の補助といった「費用」のこと、子どものアレルギーや予防接種など「出産後のこと」「準備すべきもの」といったことです。

情報がかみ合っていない

無事に生まれてくることを前提に赤ちゃんが生まれた後の生活を考えなくてはならないので、妊産婦にとっては当然かもしれません。ですが、妊産婦が求める情報と産婦人科医が伝えたい情報はかみ合っておらず、大きなずれが生じていることになります。

③ 相違を正す機会やアプローチの少なさ

これらの情報課題を解消するためには、産婦人科医と妊産婦とのコミュニケーションが必要です。両者が顔を合わせることができるのは妊婦健診時となりますが、一般的な妊婦健診は、約10カ月の妊娠期間のうち全14回程。

1回にかけられる健診時間は短く、産婦人科医達は母体と胎児の状況を確認することで手一杯に。少し余裕が生まれたとしても互いが求める情報内容が食い違っている中で、どちらか一方が伝えたい内容をすべてその場で話すのは困難なのが現状です。

次ページ妊産婦はどうすればいいのか
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。