後編 「カラン・メソッド」に出合う

日本人に最適な「カラン・メソッド」

QQイングリッシュを開校するにあたっては、どの教材を採用するかに頭を悩ませました。
 1人の先生が複数の生徒に教えるための教科書には、優れたものがたくさんあります。しかし、私が目指すスクールは、マンツーマンがメインの学習です。
 そのための最適な教材がなかなか見つかりませんでした。模索する中で出会ったのが、イギリスで50年以上も前に誕生した英会話学習法「カラン・メソッド」という手法なのです。
   カラン・メソッドというのは、端的に言うと「繰り返しメソッド」「復習のメソッド」。たんに英語のフレーズを繰り返すのではなくて、日本語(母国語)を介さずに英語で考えて答えられるように生徒の答えを引き出していきます。
 授業は必ず復習からスタートするので、1日に進むステップは小さいのですが、繰り返していくうちに「こう言われたら、こう返す」という条件反射が身につくようになります。

決して楽な学習方法ではありませんが、こういった地道な努力はダイエットと通じるモノがあると思います。楽して身につくモノではなく、きちんとしたやり方というのは初めはつらいのですが、少し我慢してその効果を感じることができれば自分の成長が楽しくなり、やがてそれが継続できるようになります。そして継続することで確実に結果へと繋がっていくのです。
 「カラン・メソッドは繰り返し同じフレーズを特訓させるだけのメソッド」ととらえられることが多いのですが、実はこの繰り返しの練習により「前に答えられなかったことが今日答えられるようになった!」と毎回学習者に成長感を与えるデザインがされたメソッドなのです。

同じフレーズを繰り返すわけですから、ある程度英会話ができて「自由に話をしたい」という人には、カラン・メソッドは好まれない傾向があります。
 文法の知識はある程度あるのに会話ができないという人にとっては、非常に有効なメソッドです。つまり、カラン・メソッドは英会話に挫折している日本人にピッタリ。QQイングリッシュではこのカラン・メソッドを取り入れているのです。

次ページトレーニングで教師の質を向上
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT