知らないと損「消費増税後」に使えるお得な制度

カード払いなどがポイント還元の対象に

増税を前に、押さえておくべき国からの対策や制度をご紹介します(写真:USSIE/PIXTA)
2019年10月より消費税率が8%から10%に引き上げられます。「消費税が上がると家計の負担が増えることが予想されます。景気対策や制度を上手に利用するコツを、1級ファイナンシャル・プランニング技能士の風呂内亜矢さん、消費生活ジャーナリストの岩田昭男さんに教えてもらいました。

国は負担を緩和する対策を実施

消費税が10%に引き上げられることによって国の税収が増えます。その増税分を使って、景気の悪化を防ぐために、さまざまな対策や制度が実施される予定です。以下に説明する『ポイント還元』が受けられる期間は、2019年10月から2020年6月までの9カ月間限定。「増税分を取り戻す良い機会だといえます」(岩田さん)。

■ポイント還元

当記事は「毎日が発見ネット」(運営:毎日が発見)の提供記事です

買い物をして現金払い以外の方法で支払った場合、支払額に応じて5%や2%のポイント還元が受けられる。

(※資本金5,000万円以下、または従業員50人以下で、過去3年間の課税所得の平均が15億円以下の店舗。また、経済産業省による加盟店登録をした店舗のみ。全ての店舗が対象となるわけではありません。)

■軽減税率導入

消費税が10%に引き上げられた後も、毎日の生活に必要な飲食料品などは、8%のまま据え置かれる。家計の負担を減らすために実施される。

■プレミアム付商品券

住民税非課税世帯や小さな子どもがいる世帯などが対象。25,000円分の商品券を20,000円で購入でき、自治体内のさまざまな店舗で使える。

■年金生活者支援給付金の支給

【ほかにもこんな制度が!】
・自動車税の軽減
・環境性能割の導入・軽減
・幼児教育・保育の無償化
・住宅ローン減税の拡充
・すまい給付金の拡充
・次世代住宅ポイント制度
次ページカード払いは還元対象
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。