老後はむしろ「孤独なほうがうまくいく」理由

病気もお金も人間関係も孤独なほうが有利

また、若い頃は友だちが少ないと寂しく感じたものですが、年を重ねるにつけ、体力や気力も落ちてくるせいか、つまらぬ人と付き合うくらいなら孤独なほうがいいと感じるようになります。

夫婦は別々に行動し、薄い関係の友だちがいれば十分

薄い関係の友だちなら、老後になってもいつでもできます。「軽い付き合いの人が何人かいればそれでよし」と思うことが、孤独を謳歌するコツです。

家族がいる人についても、おしどり夫婦などを悪く言うつもりはありませんが、余計なお世話を承知で言うと、「いつも相手にくっついていないで、相手を解放してあげたらどう?」と思います。「あなたは接着剤のようにベタベタしたいかもしれないけど、相手も同じとは限らない」と伝えたいのです。

『孤独こそ最高の老後』(SB新書)画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

夫婦の場合、自分が楽しければ相手も楽しいと思うのは、大きな勘違い。

定年退職された男性たちに聞いてみました。妻と毎日顔を突き合わせる暮らしはどうかというと、最初の2年ほどは妻の陣地に侵入する自分、家に居場所が実はなかった自分、そんな生活に慣れずに苦労するというのです。

最初は、妻と一緒に行動しようとして、家で一緒にテレビを見たり家事を手伝ったりするも、サラリーマン現役時代はそんなにベッタリしていなかったから、煙たがられるとのこと。趣味の教室や旅行に一緒に行っても、「もう来ないで!」と言われる始末……。

そのことにすぐに気づき、夫婦別行動になっているほうが、夫婦関係はうまくいくようです。それぞれが別の趣味を楽しそうに満喫すれば、相手のことに興味を持ちやすくなります。そして、何をしているのかを聞きたくもなります。その会話が1日のうち、夜だけとか少しだけあれば十分なのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。