「結婚しない人」は、自分勝手な人間なのか

自分を軸に物事を考えることの大切さとは?

「おひとりさま」は、人に合わせられない人なのでしょうか?(写真:xiangtao / PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

「生涯未婚率」(50歳時点での未婚率)は右肩上がりで、直近の2015年では男性が23.4%、女性が14.1%と過去最高値を更新。「おひとりさま」という言葉も、昨今では定着してきているようです。メディアでは、独身の生き方を肯定するような論調が増えているように感じます。

「結婚しない=人に合わせられない」人なのか?

この連載の記事一覧はこちら

それでも、私が相談を受けるおひとりさまたちの多くは、わざわざ「ひとりが好きなんです」と言います。このように、「結婚できないんじゃなくて、しないんです」とあえて言わなければならない背景の1つには、「結婚しない=人に合わせられない、自分勝手な人」と思われたくない、という感情が少なからずあるように思います。

では、おひとりさまは本当に「人に合わせられない」人たちなのでしょうか。

そもそも、「人に合わせる」とはどういうことなのでしょう。一般的には、相手の気持ちを推し量り、不快にさせないように言葉を選び、遠慮がちに自己主張することなどを指します。ただ、もしこのような対応を続けていれば、自分が犠牲になっているように思えてくるでしょう。

たとえば、いつもデートの予定を相手に合わせている(自分の予定を変更してでも)、いつも家族のために自分のことを後回しにしている……。

そうしたくてやっているのだから、これでいいんだと思う方々もいるでしょう。ただ、こうして相手に合わせたのにもかかわらず、相手が自分の思いどおりにならなかったとき、どのように感じるでしょう。きっと「こんなに、配慮したのに」「こんなに尽くしたのに」と恨みがましい気持ちになるのではないでしょうか。その結果、攻撃的な言動につながることも多いのです。

こうして、相手を思ってしてきた行動が、結果として相手を傷つけてしまう原因になります。「人に合わせる」気持ちが強ければ強いほど、結局は、相手に過分な負担をかけることになります。

加えて、一見相手に合わせているように見えて、実はその真逆であることもあります。

次ページこんなすれ違い、身に覚えがありませんか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT