税務署の「不公平」は許せない!

税務署と賢く付き合うコツ

ふだん税務署とはどんな付き合い方をすればいいのでしょうか?

税務調査でない限り、税務署にとって企業はお客様ですから、お客様としての対応をしてくると思います。ですから、普通に対応すれば何も問題はありません。
  たとえば、法律によらず、納税者の任意の協力で資料を出すよう税務署がお願いするケースもあるのですが、この場合、すぐに出せる資料であれば出していいですし、すぐには出せない資料であれば、出さなくてもかまいません。資料を作って出すのは相当の手間ですから、場合によっては無視しても大丈夫なのです。
 法律上、出さなくてはいけないものは出さなければなりませんが、そうでないものは無理のない範囲で協力すればいいということです。そのことで何か言われることはあまりありませんね。

では、税務署との賢い付き合い方というのはありますか?

ありますね。たとえば個人の確定申告の医療費控除。
控除にならないと思っていた医療費が控除になると言われたりすることがあります。
 実は、医療費の範囲は税務署でもよくわからないことが多いのですよ。確定申告の時期はとても混み合うので、早く処理しなくてはなりませんから、厳密に審査することなく簡単に受理されてしまうケースがあります。
 一度受理されれば、個人の医療費控除のようなものは、金額がそれほど大きくない、ということもあってあとあと問題になることはほとんどありません。
 もし心配な場合は、申告の際「これは大丈夫ですか?」と聞いておくといいです。「ダメだ」と言われた場合も、「なぜですか?」としつこく尋ねると、忙しい窓口では意外とオーケーになってしまう場合があります。疑問に思うことはきちんと聞き、納得いくまで説明を受けるのがいいと思います。

その他にも、税務署は一度納めた税金は納税者から申し出ない限り、申告誤りに気が付いたとしても基本的に返しません。このため、多く払いすぎたことが明白であっても、こちらから主張しないと戻ってこないのです。
 税金の額は知識によって変わってきますから、きちんと権利を主張することは非常に大事なことです。

次ページ納税者として税務署にもの申す
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT