店舗数を急激に増やす飲食店はだいたい危ない

ゆで太郎・富士そば社長対談(下)

:フィリピンではカツ丼が人気ですね。丼系は人気がありますよ。

池田:日常食より上の価格帯でないと人気にならないんで、そもそもうちがやる必要がないんですよ。もし、現地のパートナーがやりたいと言ってくれれば考えますが、自分でやるつもりはない。そばではない別業態ならいいんですが。

:でも、どこかで受け入れられるやり方はあると思うので、そばにこだわらずいろいろ模索していきたいとは思いますね。

その国の日常食レベルになるのは難しい

一方で、国内では外国人観光客の増加もあり、海外顧客は増えているという。

海外の人たちの日常食と同じレベルで落とし込めるかというと難しい、と語る丹氏(撮影:梅谷秀司)

:繁華街、渋谷、新宿、秋葉原、浅草あたりの店舗には、よく来ていただいています。

池田:ただ、見ているとたどたどしく箸を使って、みんなで楽しみながら食べていますよね。レジャー感覚なんですよ。日常食として食べてもらえるようになるには、時間がかかるかなと思います。

私の中国人の友人が最初そばを食べたとき、「池田さん、おいしかった」って言うんだけど、顔がなんか微妙で「ウソだよね」って(笑)。でも何年か経ってから「おいしくなってきた、慣れた」と。

:海外にもその人たちの日常食がある中で、それと同じレベルの日常食に落とし込めるのかっていうとそこは難しい、と割り切らないと結果は出ないでしょうね。

池田:もう10年、20年したら日常食として受け入れられるのかもしれませんが。

次ページ拡大志向の時代はもう終わっている
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。