純烈・小田井「40代で花開いた」堅実なキャリア

「夢は紅白出場、親孝行」の次に目指すもの

一躍売れっ子アーティストとなった今も、つねに冷静な目を忘れない小田井さん。『純烈』の合言葉である「夢は紅白出場、親孝行」をかなえ、今後はどんな目標を持っているのだろうか。

(写真:OCEANS)

「次のコトはつねに考えています。僕らの音楽はダンスもあるので体力的には年々きつくなる……どのグループもそうだと思うけど、ただ長く続けるのがいいのか、続けるにしてもテコ入れみたいなことをしたほうがいいのかなとか」

6人メンバーで始まった『純烈』も今では4人となった。自身の「卒業」が頭を掠めることもある。

「メンバーで最年少の後上(翔太)は、まだ32歳。僕が残るより彼に近い年齢の子が入ったほうが活気も出るんじゃないか。自分はもうすぐ50歳なので、自分の歳を考えるといつまでもここにいることがはたして正解なのかなとか……そう考えることもあります。もちろん今の『純烈』をもっと楽しみたいという気持ちもありますけどね」

妻となら絶対に幸せになれる

そんなふうに自身の新たな可能性について思いを巡らせる余裕ができたのは、妻LiLiCoさんの存在もあるのかもしれない。

(写真:OCEANS)

「これを言うと彼女は嫌がるんだけど、実はプロポーズは彼女に背中を押されたんです。『結婚はどう考えてるの?』と聞かれて僕は紅白出場もまだ決まっていなかったし、『結婚したいけど……』ってごにょごにょ言ってたら『それっていつなの? 先々結婚するなら、いま結婚しても一緒じゃない』って。それもそうだなと目から鱗でした(笑)」

そんな強く頼もしい妻となら絶対幸せになれると確信したという小田井さん。LiLiCoさんについて話が及ぶと、自然と頰が緩んだ。

「これまでの人生、理想どおりだとか思いどおりのものになった……なんて偉そうなこと言うつもりはない。でも人に迷惑はかけてこなかった、と胸を張れるから、今の結果を神様がくれたのかもしれません」

やってきたことは嘘をつかない。40代後半でつかみ取ったたくさんの結果こそ、小田井さんがこれまで努力を怠らなかった証なのかもしれない。

(藤野ゆり(清談社)=取材・文 小島マサヒロ=撮影)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT