純烈・小田井「40代で花開いた」堅実なキャリア

「夢は紅白出場、親孝行」の次に目指すもの

『純烈』のメンバー、小田井涼平さんが生きるヒントを見つけるまでの軌跡を追った(写真:OCEANS)

「いまだに芸能界に向いてないなと思いながら続けています。本当は裏方気質なんですよね」

「継続」は「挑戦」と同じくらい大事なこと

そう苦笑するのはムード歌謡グループ『純烈』のメンバー、小田井涼平さん(48歳)だ。「夢は紅白出場、親孝行」を合言葉に結成された純烈は、メンバーのほとんどが俳優出身という異色のユニット。全国の健康センターでライブを行うことで着実にファンを増やし、昨年ついに紅白初出場を果たした。

ステージの様子(写真:OCEANS)

ファン層は40代50代のご婦人から80代のおばあちゃんまでと幅広い。郷愁を誘う音楽と、漫談を思わせる息のあったMCで会場を沸かせ、いまやライブのチケットは即日完売する。

小田井さん自身が『純烈』として音楽活動を始めたのは36歳の頃だった。苦節10年、昨年はタレントLiLiCoさんと結婚を発表(入籍は2017年)するなどめでたいこと続きの1年だったが、本人はまったく浮かれていない。

「挑戦」がもてはやされる時代において、「継続することも大事だ」と話す。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

「40代で新しいことに挑戦するのってしんどいじゃないですか。最近はなんでも挑戦がすべてと語られがちだけど、僕は自分がこれまで生きてきた軌跡の中にヒントが隠れているんじゃないかと思います」

小田井さんが生きるヒントを見つけるまでの軌跡を追った。

次ページ俳優としては「遅咲き」だった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。