公的年金の「財政検証」をどう読み解くべきか

制度改正と個人の老後防衛の参考になる

5年に1度の公的年金の財政検証で、経済成長と労働参加が一定程度にとどまれば、所得代替率は50%を下回ることが示されたが・・・(写真:Tackey/PIXTA)

5年に1度行われる公的年金の財政検証結果が8月27日、公表された。

経済成長と労働参加が進めば、所得代替率(現役世代の平均手取り収入額に対する年金額の比率)は50%以上を維持できるが、経済成長と労働参加が一定程度だったり、進まない場合は2040年代半ばに所得代替率が50%を割り込むことが示された。

5年前の2014年に行われた前回の財政検証と比べると、出生率や労働参加率が向上したため、将来の所得代替率はわずかに改善した。

厳しい前提を置くと、所得代替率は50%を下回る

「一般の人々にとって、財政検証結果はあまりに多岐にわたり複雑であるため、何が(財政検証の)幹で、何が枝葉なのかを示す必要がある」

財政検証の結果が報告された社会保障審議会年金部会で、出口治明委員(立命館アジア太平洋大学学長)はそう指摘した。

出口氏が言うように、一般の人々が財政検証の結果を理解するのは難しい。

まず、現行制度がそのまま続くと、さまざまな経済前提の下で将来の給付水準見通しがどうなるのか。今回の財政検証では、経済成長率(実質ベース、2029年度以降の20~30年間でマイナス0.5%からプラス0.9%)や物価上昇率などの仮定を置いて、6つのケースが示された。

経済成長と労働参加が進むケース1~3では、モデル世帯の将来の所得代替率は足下の61.7%から50%強まで低下。それより厳しい経済前提のケース4~6では、2040年代に政府が下限と考える50%を下回る。

次ページ所得代替率は何を意味しているのか
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。