「採用してから育てる」がNGなこれだけの理由

採用の失敗が引き起こす大きなデメリット

ビジネスには成功と失敗が付き物です。失敗したことがないという会社は、そもそもチャレンジしていないということです。チャレンジしない限り、成功は得られません。しかし、私は「採用は失敗してはいけない」と考えています。

先の会社の例のように、組織に与える影響が大きいからです。それだけではありません。会社だけでなく、採用した人に対しても傷を負わせることになるからです。お互いに傷だけが残る──。これが採用を失敗したときに生じる状態です。

「ダメだったね」では済まされない

また、採用活動は、限られた資源の中で、かけるべきコストは分配しなければなりません。時間、費用、人的労力は、プラスのリターンを生み出すためのコストであるべきです。採用を失敗した場合には、時間も、費用も、人的労力も、コストとして本来かけるべき方向に費やすことができません。

本来得られるはずであったリターンも奪われることになるのです。営業活動の場合、多くは、「今回のA社の案件が、ダメだったね」で済まされます。なぜなら、ダメなら、次に当たればいいだけですから。

一方、採用活動の場合、そうはなりません。「今回のAさんの採用、ダメだったね」では済まされません。簡単には辞めさせることもできません。夫婦関係も同じです。「今回の相手はダメだったね」とすぐに離婚できません。協議を重ねて、場合によっては裁判所の審判を仰ぐことにもなります。その間の精神的コスト、時間的コスト、金銭的コストは計り知れません。

採用も同じです。採用を間違えると、「点」だけでなく、「線」だけでもなく、「面」の単位で組織に与える影響は複利的に大きくなるのです。

人を採用するときには妥協してはいけません。しかし、妥協して人を採用する場面をこれまでにしばしば見てきました。それらには共通する状況があります。

それは、「人手不足で追い込まれている状況」です。人手が足りず、「不足を埋めないと回らないから」という動機による採用です。新規事業立ち上げや既存社員の突然の退職など、その背景はさまざまですが、共通するのは人手が不足していて、「今すぐにでも人を採用したい」という状況です。こういうときこそ妥協しやすいのです。

次ページ入社した後に何とかなるはNG
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 就職四季報プラスワン
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。