堀江貴文「所有欲が人を幸せにすることはない」

借金や泥棒してまで、遊んではいけない

普通の子どもは、じゃあ金持ちになってやろうと奮起するのかもしれない。でも僕は、わかってしまったのだ。どんなに貴重なモノでも、値段がついていれば、お金で買える。所有は「それを買えるチャンスと経済力があった」という事実を可視化しているだけ。持っていること自体には、何の意味もない。

もともと気まぐれに始めた趣味だったこともあって、決断は早かった。買い取り業者に、1枚残らず、すべて売り払った。少しは「もったいなかった」と後悔するのかなと思ったが、一切ない。空っぽになった切手ケースを見て、心の底からスッキリした。

「金で満たされるものに時間と出費を投じるのは、無意味である」。僕の思考の根本に通じる、大切なことに気づけた出来事だった。

借金や泥棒してまで遊んではいけない

それ以降、高校生ぐらいまで、金のかかるタイプの趣味は持たなかった。

『捨て本』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

同級生たちが熱心に集めていたビックリマンチョコもミニ四駆も、僕はハマらなかった。ガンダムプラモには少し興味があった。でも手先が不器用だから、組み立てとか色塗りが下手くそで結局、楽しめなかった。

地元のゲームセンターには、しばしば通った。アーケードゲームのインベーダー、ドンキーコングは楽しくて、遊びまくった。1プレイ100円だったと思う。お金はガンガンかさむ。楽しんだ後に、所有という形で何も残らないのが、ゲームのいいところだった。

夢中になりすぎて、お小遣いを使いきってしまった。1度、こっそり親の財布からお金を盗ってゲームセンターに行ったことがある。もちろんバレて、こっぴどく叱られた。何も言い訳できない。借金や泥棒してまで、遊んではいけないのだ。大人になるまで変わっていない戒めの1つとなっている。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。