甲子園投手の球数を分析してわかる異常な事実

米国のピッチスマートで投球制限数を試算

画像のダウンロード・シェアはこちら(リンクが開けない場合は東洋経済オンラインのオリジナルサイトをご覧ください)。

ピッチスマートでは、17―18歳の場合、1日の投球数は最大105球。これに加えて、81球以上投げた場合は中4日以上の休養を設けなければならない。例えば、ある投手が甲子園で120球を2日連続で投げたとする。まず1日目は105球制限にかかるため、差し引き15球が1日あたり投球数制限に抵触。2日目の120球は丸ごと休養日制限に抵触する。このような計算方法で、各選手の試合別投球数から投球制限を試算した。

15―18歳の1日あたり投球数制限・休養日制限(ピッチスマートのウェブサイトより)

「制限内」は必ずしも「投げてもよい」ではない

この試算はあくまでも1日投球数と休養日の制限を適用したものであるため、白で示した「制限内」の球数が必ずしも「投げてもよい」分でないことには注意が必要だ。例えば先に挙げたピッチスマートの年間100イニング制限などは考慮していない。

また済美の安樂智大投手(2013年・春)と前橋育英の高橋光成投手(2013年・夏)は大会当時16歳だったため、ピッチスマートの投球数制限も15―16歳向けを適用している。

インフォグラフィックを見ると、いずれの投手も「過剰」な投球、つまりピッチスマートを適用した場合の制限を超える投球をしていることがわかる。

「そもそも投球数は過剰ではない」とする意見も一部では報じられているが、少なくともピッチスマートの試算を当てはめて考えると、甲子園投手たち、とくに決勝に進出した投手たちが健康被害を受けうる基準を大幅に超過して登板していることは明らかだ。

2000年以降、大会通算投球数が最も多かったのは早稲田実業の斎藤佑樹投手(2006年・夏)。同じく2006年の駒大苫小牧・田中将大投手と決勝で壮絶な投げ合いを見せ、斎藤投手は決勝再試合も含めて7試合、948球をほぼ1人で投げ抜いた。

次ページ斎藤佑樹にピッチスマートを適用してみると
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT