「飲みニケーション」が時代錯誤と言えない理由

「18年仕事相手と飲む」を貫いた男が得たもの

こうした理由から市民権が得られているということはありつつも、私が飲み会の効能を考えたときに何しろ大きいのは「仕事につながる」ということに尽きる。

フリーランスという働き方の特殊性なのかもしれないが、今まで獲得してきた仕事の多くは酒の席から生まれたものだ。最近もあるオウンドメディアの編集者と打ち合わせをしてきたのだが、その後、彼からもらった業務関連のメールの末尾にはこうあった。

「その他、何か必要な情報のご要望がありましたら、お申し付けください。また、編集長も一緒に、一度飲みいかがでしょうか? よろしくお願いします」

飲みニケーションで「得られるもの」

これまで彼とその部下とは2度打ち合わせしており、仕事が合意に至りそうになった今、上長を招いた飲み会をやり、親睦を深めるとともに、その場でアイデアも出し合おう、という意図だろう。「キックオフミーティングを編集長も含めてやりましょう」ではなく「飲み会しましょう」が今回は選ばれたのだ。

2度の打ち合わせで先方のスタッフと気が合うことはわかったので、飲み会もきっと楽しいことだろう。いや、今回飲み会をする人々はサラリーマンなわけだから、彼らにとっても適切な発注相手を見つけたということで、私同様「仕事につながる」のは同じことだ。

また以前、転職相談をされた若者から、無事に転職が成功したことと初出社の後に会いたい旨のメールも来た。

「急ぎませんので、もしどこかで軽く飲んでいただけるお時間などありませんでしょうか。御礼も含めて中川さんにごあいさつに伺えないかと思っております」

もちろん、私が酒好きであることを彼らは知っているから「軽くお茶でも」と言わない面もあるのだが、真面目なことを話したいとき、とにかく話を聞いてもらいたいときなどは「飲みませんか」というのが手っ取り早い誘い方にはなる

次ページ飲み会は「ゆるい打ち合わせ」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT