「妙に威嚇してくる上司」実は味方につけやすい

実は自信がないから攻撃してくる?

威圧的な上司、うまく付き合うにはどうしたらいい?(写真:プラナ/PIXTA)
会議室に入ると、腕組みをしてじっとにらみつける上司。言わなくてもいい一言をストレートに口にして、場の空気を凍りつかせる部下……。こうした職場の「困った人」「苦手な人」に振りまわされて、仕事が思うように進まないことはないだろうか? 『職場の「苦手な人」を最強の味方に変える方法』の著者、片桐あい氏が、「エニアグラム」を用いた性格タイプ分析で、職場の人間関係の問題を解決する最適な方法をお伝えする。

9つのタイプに「苦手な人」を分類してみる

「エニアグラム」とは、個人の特性を9つのタイプに分類する性格診断で、いまから約2000年前に誕生し、当時のイスラム周辺の王家に口伝されてきた帝王学だ。その後、ヨーロッパに広まり、いまではビジネスにも応用できる学問として、スタンフォード大学のMBAの教科だけでなく、CIA(アメリカ中央情報局)の研修にも取り入れられている。

そんなエニアグラムを用いて職場の「苦手な人」を分類すると、以下のような9タイプに分けられる。

タイプ1 = 自己流完璧主義タイプ
タイプ2 = おせっかい・干渉タイプ
タイプ3 = 自慢・手柄横どりタイプ
タイプ4 = 個性的すぎる・嫉妬タイプ
タイプ5 = 分析・評論タイプ
タイプ6 = 石橋をたたいて渡らない・風見鶏タイプ
タイプ7 = あきっぽい・言い訳タイプ
タイプ8 = 勝ち負けにこだわる・力ずくタイプ
タイプ9 = はっきりしない・ぐずぐずタイプ

相手のタイプを知り、それに適した問題解決の手法を実施すれば、相手に対する苦手意識が消え、さらに、あなたの強力な味方になってくれるだろう。例えば、冒頭に登場する「腕組みをする上司」と「空気を読まない発言をする部下」は、エニアグラムのタイプ分けによると、ともに「タイプ8:勝ち負けにこだわる・力ずくタイプ」に当てはまる。

本当は優しく、弱い者を守る親分肌のところがあり、短い言葉でズバっと本質をつくような発言ができるタイプ8。しかし、初対面の人や信頼関係ができていないと、相手には威圧的な態度に見えてしまうことがある。本人にはまったく悪気はないのだが、無意識のうちに相手をじっと観察して自分の領域に入ってこられないように、予防線を張るようなところがあるのだ。

次ページタイプ8はこういうとき「攻撃」してくる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。