暑さと冷房で疲れている人が実践すべき食習慣

暑い時期に意外と忘れがちなのが「油」だ

外的な刺激によるストレスの多い8月。心と体に与えられたダメージを修復する、おすすめの食生活について紹介します(写真:cegli/iStock)
紫外線、汗、気温や気圧の変化、冷房などによるダメージで、心身共にダウンし、夏バテが深刻化する8月。心身共に疲れきっている中で「食欲がない」という方も多いことでしょう。この時期はどんな食生活をしたらいいのでしょうか。『1週間に1つずつ 心がバテない食薬習慣』から一部抜粋し再構成のうえそのヒントを探ります。

こんな感情はありませんか?

私たちは、日々の仕事や人間関係、家族の悩み、育児など、いろいろな問題に取り囲まれながら生きています。そのような中で、心に次のようなネガティブな感情がたまっていることがあります。

□ なんだか無性にイライラする
□ 漠然とした不安感がある
□ 気分が晴れずモヤモヤする
□ 考えがまとまらない
□ つい焦ってしまう
□ 人と会いたくない
□ すぐに傷ついてしまう

また次のように、季節ごとに感じる心の疲れはありませんか?

□ 2月は決まってイライラする
□ 7月の終わりは、焦って落ち着かない
□ 10月や11月はテンションが上がりにくい

こんな症状の数々に、自分でも疲れ切ってしまっていると感じるなら、心がバテている証拠です。心がバテているすべての方に私がお伝えしたいことは、今日、口にするものから変えていきましょう、ということ。つまり、食事です。具体的には、次の3つを意識してほしいのです。

①心を元気にしてくれる「栄養」たっぷりの食事を取ること
②心を乱す「炎症」につながる食事をやめること
③季節や自然が作用する心の不調の傾向を知っておくこと
次ページあらゆることにストレスを感じる
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 白馬通年リゾートへの道
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング